コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

咲坂伊緒キャラ原案の劇場アニメ「ハル」に宮野真守が出演

372

咲坂伊緒がキャラクター原案を務めた劇場中編オリジナルアニメ「ハル」の追加キャストが発表された。ハルの旧友・リュウ役を宮野真守が演じる。

リュウは、幼い頃にハルとともに不法労働現場で働いていた人物。ある日街中で、偶然ロボハルと遭遇する。そのほかの新キャラクターと声優も発表され、ロボハルに世の中の道理を教えるドクター荒波役に辻親八が、くるみの祖父で藍染工場を営む時夫役に大木民夫が決定した。

6月8日に公開される劇場アニメ「ハル」は、事故で最愛の少年ハルを失った少女くるみと、ハルの代わりとなるロボット「ロボハル」を描いた近未来ラブストーリー。くるみ役は日笠陽子が、ハル役は細谷佳正が演じ、脚本は木皿泉、監督は牧原亮太郎、アニメーション制作はWIT STUDIOが手がける。

宮野真守コメント

表向きは飄々としていますが、いやむしろチャラいくらいですが(笑)、キレイ事では生きては行けない世界で、必死に、懸命に、手段を選ばず生きています。
リュウと共に生き、彼をしっかり感じて、声を出させていただきました。
僕は、「ハル」という、素敵な「愛」の作品に触れられてすごく幸せです。
皆様も是非、劇場で、お楽しみください。

■『ハル』本予告

コミックナタリーをフォロー