コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「まんが道」愛蔵版に島本和彦、秋本治、荒木飛呂彦が寄稿

67

藤子不二雄(A)「まんが道」のGAMANGABOOKS版7巻・8巻が、本日2月22日に発売された。

GAMANGABOOKS版の「まんが道」では、各巻末にファンの作家による寄稿が収められている。7巻には島本和彦がイラスト付きの文章、8巻には秋本治荒木飛呂彦がエッセイを寄せた。各人とも「まんが道」に対する思い入れを熱く語っている。

なお発売中の2巻には作家の鴻上尚史、3巻にはハロルド作石、4巻には小畑健、5巻には江口寿史、6巻にはあらゐけいいちが寄稿。1巻と9巻に寄稿はないが、これまでの単行本には収録されていなかった扉ページのギャラリーが入る。10巻には藤子(A)本人が過去に書いたエッセイが収録される予定だ。

関連する特集記事

「まんが道」決定版発売記念、藤子不二雄(A)インタビューPR

コミックナタリーをフォロー