ラノベ「僕の妹は漢字が読める」マンガ化、第1巻が発売

56

日辻ハコの単行本「僕の妹は漢字が読める」1巻が、本日6月27日にホビージャパンより発売された。かじいたかしのライトノベルを原作としたコミカライズ作品だ。

かじいたかし原作による日辻ハコ「僕の妹は漢字が読める」1巻。

かじいたかし原作による日辻ハコ「僕の妹は漢字が読める」1巻。

大きなサイズで見る(全7件)

「僕の妹は漢字が読める」は、萌え文化の蔓延が日本語に与える影響を描いたSFコメディ。漢字が使われなくなってしまった未来世界で小説家を目指す男が、21世紀にタイムスリップしたことから物語は始まる。コミカライズ版はホビージャパンのWEBマンガサイト、コミック・ダンガンにて連載中。

単行本1巻の発売を記念して、一部書店では購入特典を配布している。コミックとらのあなではマンガ「第3.5章 ぼくのいもうとは かちがわかる」を収めた冊子が付く。またメロンブックス用、精文館書店用、その他の書店用のペーパーも用意されている。

この記事の画像(全7件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。