ドラゴンエイジでW新連載、次号すたひろの幕末もの開始

13

本日5月9日に発売された月刊ドラゴンエイジ6月号(富士見書房)にて、初美陽一原作、福原蓮士作画による「ライジン×ライジン」と守姫武士「グリアズ・ワールド・エンド」の新連載2本がスタートした。

「ライジン×ライジン」カット

「ライジン×ライジン」カット

大きなサイズで見る(全3件)

「ライジン×ライジン」は同名ライトノベルのコミカライズ。超能力を操る異能者が存在する世界を舞台に、異能者たちの戦いがコメディタッチで展開される。第1話では、異能者に憧れる男子高校生・隆良が恥ずかしい力に目覚める様子が描かれた。

「グリアズ・ワールド・エンド」は仮想空間に入り込むネットゲームの世界で、少年少女の戦いやドラマが繰り広げられるファンタジー。過去の記憶に縛られる少年・みどりは、ゲーム内で初恋の少女に出会い……。

なお6月8日発売の月刊ドラゴンエイジ7月号からは、「おたくの娘さん」で知られるすたひろの新連載「幕末エイリアン」が始まる。

この記事の画像(全3件)

福原蓮士のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 福原蓮士 / 守姫武士 / すたひろ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。