「ヒカルの碁」文庫版になって復活、本日1・2巻が同時発売

164

ほったゆみ原作による小畑健「ヒカルの碁」が文庫化。本日2月17日、1巻と2巻が2冊同時に発売された。今後、毎月2巻ずつ刊行されていく予定だ。

「ヒカルの碁」文庫版1巻帯付き。表紙の色は白と黒が交互に並ぶ予定。

「ヒカルの碁」文庫版1巻帯付き。表紙の色は白と黒が交互に並ぶ予定。

大きなサイズで見る(全4件)

「ヒカルの碁」は、平凡な小学生・ヒカルが天才囲碁棋士の霊・藤原佐為に取り憑かれたことで囲碁の世界へと巻き込まれ、「神の一手」を極めようと奮闘する成長物語。1998年12月から2003年7月まで週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、当時、小中学生を中心に囲碁ブームを巻き起こすまでのヒット作となった。

この記事の画像(全4件)

小畑健のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 小畑健 / ほったゆみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。