手塚治虫「三つ目がとおる」初出版と単行本を見比べることができる1冊

7

221

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 62 130
  • 29 シェア

手塚治虫「三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ」が、本日7月10日にリットーミュージックの出版レーベル・立東舎から発売された。

「三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ」

「三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ」

大きなサイズで見る(全6件)

「三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ」より。

「三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ」より。[拡大]

同書は2023年に刊行された「ブラック・ジャックミッシング・ピーシズ」と同様、雑誌掲載時の初出版と単行本版を見比べることができる1冊。収録作品の中でも、絵は同じままセリフが違うことでまったく別の作品となっている「キャンプに蛇がやってきた」は見どころだ。第1話「三つ目登場」については、原画をカラーで掲載。最終話「スマッシュでさよなら」も収録作品に含まれている。およそ60枚におよぶネームやキャラクタースケッチ、連載時の扉絵、自筆のシノプシスなど、新たに発掘された素材を含む関連資料も多数掲載された。

この記事の画像(全6件)

手塚治虫「三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ」

収録内容

三つ目登場(原画)
酒船石奇談(初出版)
酒船石奇談(単行本版差分)
文福登場(初出版)
文福登場(単行本版差分)
三つ目族の謎
キャンプに蛇がやってきた(初出版)
キャンプに蛇がやってきた(単行本版)
スマッシュでさよなら(初出版)
スマッシュでさよなら(単行本版差分)
サギ師志願(「ブラック・ジャック」より)
ブッダ(抜粋)
わかっちゃいるけどむずかしい

「三つ目がとおる」キャラクタースケッチ
スターシステムにおける写楽登場作品
「三つ目がとおる」アーカイヴス
「三つ目がとおる」初出・単行本掲載作品リスト

解題:濱田高志

全文を表示

読者の反応

  • 7

geek@akibablog @akibablog

手塚治虫「三つ目がとおる」初出版と単行本を見比べることができる1冊
https://t.co/kVdPurWa23

コメントを読む(7件)

関連記事

手塚治虫のほかの記事

リンク

関連商品

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 手塚治虫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。