「神之塔」内田雄馬が語る王野成の人間性が出たシーンとは? NiziUの楽曲の感想も

13

71

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 14 39
  • 18 シェア

SIU原作によるTVアニメ「神之塔 -Tower of God-」第2期「王子の帰還」の第1話~第4話先行上映会が、去る6月23日に東京・新宿ピカデリーで開催され、ジュ・ビオレ・グレイス役の市川太一、王野成役の内田雄馬、蓮梨花役の渡部紗弓が登壇した。なお記事内では第2期のストーリー展開について言及しているため、内容を知りたくない人はご注意を。

左から王野成役の内田雄馬、ジュ・ビオレ・グレイス役の市川太一、蓮梨花役の渡部紗弓。

左から王野成役の内田雄馬、ジュ・ビオレ・グレイス役の市川太一、蓮梨花役の渡部紗弓。

大きなサイズで見る(全5件)

TVアニメ「神之塔 -Tower of God- 王子の帰還」キービジュアル

TVアニメ「神之塔 -Tower of God- 王子の帰還」キービジュアル[拡大]

上映前に行われたトークパートでは3人が第1期を振り返りながら、それぞれのキャラクターを紹介していく。市川は自身が演じるジュ・ビオレ・グレイスについて「必要以上に人との距離を詰めないタイプ」と説明。市川自身、特にアフレコの序盤は演者との距離を意識していたようで、別現場で渡部と一緒になった際には「けっこうしゃべるね!」と驚かれたというエピソードを明かした。また「(第1期のラストから)6年の時が経っています。今後どうなっていくのか、お楽しみに!」とファンの期待を煽った。

「アニメの注目ポイントを◯◯で表せ!」と題した企画では、内田が第1話を「擬態語や擬音語」、渡部が第2話を「英単語」、市川が第3話を「ポーズ」、全員が第4話を「ジェスチャー」で表現。内田は何かを啜る音を鳴らし、渡部は「Ouch!からのSelf Introduction!」と回答する。市川が第3話をイメージした渾身のポージングを決めると、そのポーズを気に入った内田は正面だけでなく自身、そして後ろ向きにもその姿を披露してもらい、「3カメで見れました」と満足した様子を見せた。

ジュ・ビオレ・グレイス役の市川太一。

ジュ・ビオレ・グレイス役の市川太一。[拡大]

第1話~第4話の上映を終え、後半のトークパートではNiziUによるオープニング楽曲「RISE UP」の話題に。内田は「とても力強い楽曲」、市川は「楽曲からもパワーをたくさんもらいました」と語り、普段からNiziUの楽曲をよく聴くという渡部は「主題歌アーティストがNiziUさんと聞いてすごくうれしかった」と笑顔を浮かべた。

第2期の主人公となる王野成役を演じる内田。第1話について「第1期の衝撃の終わりから(舞台は)20階層になっている。だいぶ先に進んでいます」と解説する。またトークパートの前半で披露した“何か啜る音”のシーンに触れ、「食べてたでしょ? あそこはけっこう大事なシーンで、王野の人間性が出ている。登っていくことは大変だけれど、王野は自分の気が楽になる場所を探せるし、それを誰かに伝えることもできる。王野のいいところが出ている」と述べながら「ニアの存在の大きさを感じるシーンにもなっているのでは?」と思いを馳せた。

王野成役の内田雄馬。

王野成役の内田雄馬。[拡大]

第2話の注目ポイントを「Ouch!からのSelf Introduction!」と表現していた渡部。「Ouch!」は梨花が頭をぶつける場面、「Self Introduction!」は王野の自己紹介シーンであることを説明する。「Self Introduction!」と表現したシーンについて、市川は「王野があそこで行動しなかったら試験は終わっていたはず。王野の行動力はすごいものがある」と感心し、渡部も「泥臭くてカッコいい」と称賛。内田も「階層でランク付けされている世界の中で、あれだけ自分をさらけ出せるのは勇気のある行動だと思う。だからこそ『あいつをもうちょっと信じてみたい』と思わせる力につながるのかなと思う」と想像した。

第3話では新しい試験がスタート。ここで市川が「お詫びをしなければなりません」と切り出し、トークパートの前半で披露したポーズが第4話の注目ポイントだったと訂正する。「どうしてもやりたくて……ごめんなさい」とそこがお気に入りシーンであったことを強調し、観客の笑いを誘った。

蓮梨花役の渡部紗弓。

蓮梨花役の渡部紗弓。[拡大]

そんな第4話の展開について、内田は「かなりショッキングな演出だったと思います」とコメント。渡部は「アフレコが大変だった」と振り返り、市川は「前半の大きな山場。それを雄馬くんがカッコよくが決めてくれた」と感激した様子を見せる。内田も「やっとみんなの物語が始まったという感じ」と印象を述べた。

最後に渡部は「第4話まで観られた皆さんはハッピーですね! 今日は酢豚を食べて帰るといいかもしれないです」と本編のシーンに触れながら挨拶。内田は「収録も順調に進んでおります。第1期から続く熱量を第2期でもしっかり発揮できるようにみんなでがんばって作っておりますので、本放送もどうぞよろしくお願いします」とファンへ語りかけた。市川は「NiziUさんという素敵なアーティストさんの後押しもあり、今作から『神之塔』に触れる方もたくさんいらっしゃると思います。世界的に人気の作品ですが、日本でも、もっと盛り上がっていい作品。皆さんの力を借りて一緒に盛り上がっていけたらいいなと思っています」と作品への自信をのぞかせた。

TVアニメ「神之塔 -Tower of God- 王子の帰還」は7月7日に放送開始。なお7月1日からはアニメ放題 、Prime Video、J:COM STREAMなどで第1期の全話が順次配信される。

アニメ作品情報

関連する特集・インタビュー

この記事の画像(全5件)

TVアニメ「神之塔 -Tower of God-」第2期「王子の帰還」

放送情報

TOKYO MX:2024年7月7日(日)より毎週日曜日23:00~
サンテレビ:2024年7月7日(日)より毎週日曜日23:30~
KBS京都:2024年7月7日(日)より毎週日曜日24:00~
BS日テレ:2024年7月8日(月)より毎週月曜日24:00~

配信情報

アニメ放題、Amazon Prime Video、ABEMA プレミアム、auスマートパスプレミアム、J:COM STREAM、TELASA、dアニメストア、DMM TV、Netflix、バンダイチャンネル、Hulu、milplus 、U-NEXT、Lemino:2024年7月7日(日)より毎週日曜日23:30~

スタッフ

原作:SIU(「LINEマンガ」連載)
総監督:竹内一義
監督:鈴木慧
シリーズ構成:吉田恵里香
脚本:吉田恵里香、宮本武史、吉崎崇二
キャラクターデザイン:谷野美穂、北澤精吾、鹿島巧光
総作画監督:北澤精吾
美術監督:池田裕輔
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:関根里枝子
撮影監督:富崎杏奈(アニモキャラメル)
編集:及川雪江
音響監督:山口貴之
音楽:Kevin Penkin
アニメーション制作:アンサー・スタジオ
企画・プロデュース:SOLA ENTERTAINMENT

キャスト

ジュ・ビオレ・グレイス:市川太一
王野成:内田雄馬
蓮梨花:渡部紗弓
カナ:嶋村侑
マナ:宮下早紀
虎助:松田健一郎
ホーン・アークラプター:白石兼斗
プリンス:河西健吾
ニア:阿部菜摘子
ライ:入江直樹
クン・アゲロ・アグネス:岡本信彦
ラヘル:早見沙織

全文を表示
(c)Tower of God 2 Animation Partners

読者の反応

Takuma @takuma141312

❢❢❢❢❢❢❢❢✨☺https://t.co/oR17gyRSgs

コメントを読む(13件)

関連記事

市川太一のほかの記事

リンク

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 神之塔 -Tower of God- 王子の帰還 / 市川太一 / 内田雄馬 / 渡部紗弓 / NiziU の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。