細胞たちの仁義なき戦い「はたらく細胞」アウトローな人間の身体が舞台のスピンオフ

5

163

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 58 101
  • 4 シェア

橋本カヱ原作による次恒一「はたらく細胞イリーガル」1巻が、本日6月20日に発売された。

「はたらく細胞イリーガル」1巻

「はたらく細胞イリーガル」1巻

大きなサイズで見る

清水茜「はたらく細胞」のスピンオフとなる「はたらく細胞イリーガル」は、裏社会に生きるアウトローな人間の身体を舞台にした作品。とある人間の体内では、骨髄のオヤジを中心に白血球たちによって結成された“血球会”、日々酸素を運ぶ新人の赤血球といった細胞たちが働いている。そんなある日、血管内に謎の液体が注射された。その注射以降、身体中に異変が起きはじめるが……。同作はヤンマガWebで連載中。

読者の反応

  • 5

. @ua1ke

橋本カヱ原作による次恒一「はたらく細胞イリーガル」1巻が、本日6月20日に発売された。 仝 https://t.co/tW5vuTzx1x 細胞たちの仁義なき戦い「はたらく細胞」アウトローな人間の身体が舞台のスピンオフ - ナタリー https://t.co/GTRlgxDfFR

コメントを読む(5件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。