講談社が海賊版の撲滅に向け改めて姿勢を表明、漫画村・元運営者の有罪判決を受け

242

本日6月2日に、出版界に大きな被害をもたらした海賊版サイト・漫画村の運営者として公判中であった星野路実被告に有罪判決が下ったことを受け、講談社がコメントを発表した。

講談社のロゴ。

講談社のロゴ。

大きなサイズで見る

講談社は「首謀者かつ運営の中心にいたと目される星野被告に実刑判決が出たことは、当然の結果と考えます」と判決について触れ、「マンガを中心とした海賊版の被害は、3年前の『漫画村』閉鎖以降も深刻なものです。依然として著作者の利益を不当に侵害しつづけています」と出版業界の現状についてコメント。続けて「講談社はこれまで通り、刑事告訴、民事訴訟の提起を含めて、さまざまな対策を進めて海賊版の撲滅に向けて努力してまいります」と改めて会社としての姿勢を表明した。星野被告には、著作権法違反及び組織犯罪処罰法違反の罪で懲役3年及び罰金1000万円、組織犯罪処罰法違反による追徴金約6257万円の判決が言い渡されている。

講談社コメント

「漫画村」は2016年の開設以降、2017年から2018年にかけてユーザーの膨大なアクセス数をベースに、巨額の不正な利益を得たサイトです。
その首謀者かつ運営の中心にいたと目される星野被告に実刑判決が出たことは、当然の結果と考えます。
マンガを中心とした海賊版の被害は、3年前の「漫画村」閉鎖以降も深刻なものです。
依然として著作者の利益を不当に侵害しつづけています。
講談社はこれまで通り、刑事告訴、民事訴訟の提起を含めて、さまざまな対策を進めて海賊版の撲滅に向けて努力してまいります。
みなさまのご理解とご協力のほどなにとぞよろしくお願いいたします。

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。