「竜とそばかすの姫」に森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守が出演

349

細田守が監督・脚本・原作を務めるアニメーション映画「竜とそばかすの姫」に、森川智之津田健次郎小山茉美宮野真守が出演していることがわかった。

左から森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守。

左から森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守。

大きなサイズで見る(全9件)

森川智之が声を当てるジャスティンのキャラクター画像。

森川智之が声を当てるジャスティンのキャラクター画像。[拡大]

7月に公開される「竜とそばかすの姫」は、高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すずが、インターネット上の仮想世界“<U>”を知ることから始まる長編アニメーション。すずはベルというアバターで<U>に参加し、そこで披露した歌声によって世界から注目されていく。森川は<U>の秩序を乱す“竜”の正体を暴こうとする自警団「ジャスティス」のリーダー・ジャスティン役、津田は「竜の正体探し」で候補に挙がる現代美術アーティスト・イェリネク役で参加。イェリネクと同じく竜の正体として疑惑をかけられる貴婦人・スワン役を小山、「竜の正体探し」を盛り上げるYouTuber・ひとかわむい太郎とぐっとこらえ丸の2役を宮野が担当する。

物語のキーマンとなるジャスティンについて、森川は「ストーリーの中でも特に異彩を放つ個性派のキャラクターの一人」と述べ、「監督との細かで、率直なディスカッションのもと楽しく収録できたので、完成が楽しみです。早く多くの皆さんに観ていただきたいです」と話している。「バケモノの子」以来2度目の細田監督作への参加となる宮野は「今回は、『バケモノの子』の時の『一郎彦』とは、全然違う印象のキャラクターになります。『ひとかわむい太郎』と『ぐっとこらえ丸』です(笑)なんと、二役(笑)実際のアフレコでは、細田監督と、丁寧にディスカッションを重ね演じていき、宮野の新境地をかなり開拓してもらいました(笑)」とコメントした。森川と宮野のコメント全文は下記に掲載している。

森川智之(ジャスティン役)コメント

細田守監督の作品に出演できて、とてもうれしく光栄に思っております。
監督とは同い年ということもあり、アニメ業界・声優業界の遍歴も
同じ時代を歩いてきているので、とてもフィーリングが合いました。
私が担当したジャスティンという役はストーリーの中でも特に異彩を放つ個性派のキャラクターの一人です。
もちろん、とても注目されている作品でもあるので、否が応でも、演技に力が入りましたが、実際のアフレコは、監督との細かで、率直なディスカッションのもと楽しく収録できたので、完成が楽しみです。
早く多くの皆さんに観ていただきたいです。

宮野真守(ひとかわむい太郎&ぐっとこらえ丸役)コメント

今回は、「バケモノの子」に続き、2度目の出演になります。
なにより、お声がけいただいた事が、本当に本当に光栄です。
そして今回は、「バケモノの子」の時の「一郎彦」とは、全然違う印象のキャラクターになります。
「ひとかわむい太郎」と「ぐっとこらえ丸」です(笑)なんと、二役(笑)実際のアフレコでは、細田監督と、丁寧にディスカッションを重ね演じていき、宮野の新境地をかなり開拓してもらいました(笑)
キャラクターのネーミングから、もう既に楽しい空気が伝わってきますが、どんな役柄になっているのかは、楽しみにしていてください。
細田監督の作品は、深い「愛」と、前を向く「勇気」をもらえる物語。
今作も、みなさまの心に、「温かい感情」が抱かれることでしょう。どうぞ、劇場でご覧ください。

この記事の画像・動画(全9件)

「竜とそばかすの姫」

2021年7月に全国東宝系にて公開

スタッフ

監督・脚本・原作:細田守
企画・制作:スタジオ地図

全文を表示

関連記事

細田守のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 細田守 / 森川智之 / 津田健次郎 / 小山茉美 / 宮野真守 / 竜とそばかすの姫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。