「風都探偵」2022年夏にアニメ化!特撮「仮面ライダーW」の正統続編

13630

特撮ドラマ「仮面ライダーW」の続編にあたるマンガ「風都探偵」のアニメ化が決定。2022年夏の配信開始を予定している。

「風都探偵」のマンガイラスト。(c)石森プロ・東映「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)

「風都探偵」のマンガイラスト。(c)石森プロ・東映「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)

大きなサイズで見る(全2件)

アニメ「風都探偵」ロゴ(c)石森プロ・東映「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)

アニメ「風都探偵」ロゴ(c)石森プロ・東映「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)[拡大]

今回のアニメ化は、特撮ドラマ「仮面ライダー」の50周年を記念した企画のうちの1つ。2009年9月から2010年8月までオンエアされた「仮面ライダーW」は、私立探偵の左翔太郎と相棒のフィリップが、“2人で1人”の仮面ライダーに変身し活躍する。変身前の翔太郎役を桐山漣、フィリップ役を菅田将暉がそれぞれ演じた。

「風都探偵」は、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で2017年から連載中。平和が訪れたはずの風都を舞台に、翔太郎とフィリップ、そして新キャラクターである謎の美女・ときめが、新たな怪事件に立ち向かう。脚本は「仮面ライダーW」でメインライターを務めた三条陸、作画は佐藤まさきが担当し、クリーチャーデザインには「仮面ライダーW」と同じく寺田克也が参加している。

アニメの総合プロデューサーを担当するのは、「仮面ライダーW」でプロデューサーを務めた塚田英明。アニメ化に際し、塚田からは「風都の物語は、ついに『アニメ』という新形態を現します。(「仮面ライダーW」の)挿入歌『Cyclone Effect』の歌詞になぞらえるならば、『きっと強くなれる 次のステージへ風が連れていくよ』という節目です」とコメントが寄せられた。

なお「仮面ライダー」第1話の放送から50周年を迎えた本日4月3日19時30分より、「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」が行われる。会見は仮面ライダーWEBにて生配信され、「風都探偵」アニメ化情報も含めたさまざまな発表があるので、興味のある人はチェックしてみては。

塚田英明(総合プロデューサー)コメント

ある原作が違うメディアになったとき、「こうじゃないんだけどなあ」と不満に思うことありませんか?「主人公はこんなこと言わない」「なんかテンポが悪い」「知っている説明をクドくしないで」等々。でも、そんなストレスが一切なかったのが、実写ドラマ「仮面ライダーW」がマンガ「風都探偵」になったときでした。

マンガ「風都探偵」は、「『W』のその先の物語」を描いた正統続編。そもそも「内容」が新しいから刺激的なのですが、それプラス「技術」の面もあるのです。僕も監修していて驚いたのですが、原作の三条陸センセイはなんと「ドラマの『W』を観ているのと同じ感覚で読める」ことを計算してマンガを設計しているのです!

その考えのベースには三条さんの「ファンの気持ちを常に想定した視点」があります。だから読者の皆さんは驚くほどストレスフリーに風都の新たな物語を享受出来たのです。

風都の物語は、ついに「アニメ」という新形態を現します。挿入歌「Cyclone Effect」の歌詞になぞらえるならば、「きっと強くなれる 次のステージへ風が連れていくよ」という節目です。今回集結していただいた優秀なアニメクリエイター陣が、ここで言う「風」。前述の「ファンの気持ちを常に想定した視点」を心掛け、必ずや“満足”へお連れします!
アニメ『風都探偵』――――仮面ライダーWの次のステージにご期待ください!

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

石ノ森章太郎のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 石ノ森章太郎 / 三条陸 / 佐藤まさき / 寺田克也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。