能の天才・世阿弥が“身体”を究める新連載「ワールド イズ ダンシング」モーニングで

143

三原和人の新連載「ワールド イズ ダンシング」が、本日3月25日発売のモーニング17号(講談社)にてスタートした。

「ワールド イズ ダンシング」

「ワールド イズ ダンシング」

大きなサイズで見る(全2件)

「はじめアルゴリズム」の三原が描く同作は、室町時代を舞台に、申楽師でのちに世阿弥と呼ばれる少年・鬼夜叉を主人公にした物語。芸がすべての父・観阿弥のもとで、人間がなぜに芸事を楽しむのか理解できずに生きてきた鬼夜叉は、ある日、村の外れにある民家で歌い踊る女を「よい」と感じてしまい……。

そのほか今号では、4月8日発売の同誌19号より新連載「出禁のモグラ」をスタートさせる江口夏実のインタビューを掲載。新作についてはもちろん、「鬼灯の冷徹」の完結や昨年9月に掲載された読み切り「羽人の星」などについて語られている。

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 三原和人 / 江口夏実 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。