東映動画の第1期生、アニメーター・中村和子を偲ぶ作品展が開催中

264

2019年8月に死去したアニメーターの中村和子を偲ぶ作品展が、本日3月19日から23日まで、東京・国登録有形文化財 島薗家住宅で開催されている。入場料は無料。

東映動画時代の中村和子。

東映動画時代の中村和子。

大きなサイズで見る(全3件)

1956年に東映動画(現:東映アニメーション)の第1期生として入社し、「西遊記」制作時に原案者の手塚治虫と出会い、虫プロダクションに移籍した中村。「ある街角の物語」「鉄腕アトム」「千夜一夜物語」「クレオパトラ」「W3」「リボンの騎士」などの作品で原画、作画監督ほかを務めた。手塚と同時に虫プロを退社した後は、やなせたかしの依頼を受けてサンリオのアニメ部創設に加わり「小さなジャンボ」などの作品を担当。その後、再び手塚の呼びかけで手塚プロダクション内でアニメ制作に携わり、長編映画「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」の作画監督などで活躍した。

今回の作品展では中村のアニメ作品のほか、油彩画、墨絵、アクリル画などを紹介。作品とともに、中村の人となりを知ってもらう機会として企画された展覧会となっている。なお展覧会のタイトル文字は、中村の絵画の師・松田正平の書によるものだ。

この記事の画像(全3件)

関連記事

手塚治虫のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 手塚治虫 / やなせたかし の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。