「生きるために毒親から逃げました。」害となる親から離れる方法描いたエッセイ

150

尾添椿の単行本「生きるために毒親から逃げました。」 が、本日2月17日にイースト・プレスから発売された。

「生きるために毒親から逃げました。」 帯付き

「生きるために毒親から逃げました。」 帯付き

大きなサイズで見る(全4件)

「生きるために毒親から逃げました。」は、自分が親から虐待を受けていると気が付き、家から逃げ出すことに成功した作者・尾添のエッセイ作品。言うことを聞かないなら置いていくしかない、お行儀の悪い子はいらないなどの言葉に精神的に追い詰められ、尾添は幼少時から感情を表に出すことができなくなっていた。そうした個人の尊厳を損なう親の行動がエスカレートしていく様子と、その異常性に気が付いた彼女が取った対策が描かれる。

この記事の画像(全4件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。