手塚のアイデア詰まった、貴重な創作ノート10冊を復刻

137

手塚治虫が生前に書きとめた創作ノートを、原本と同じノート形式で復刻する「手塚治虫・創作ノートと初期作品集」が12月24日に小学館クリエイティブから発売される。

手塚の自宅から発見された創作ノートの一部。「手塚治虫・創作ノートと初期作品集」は、このノートを複製したものになる。(C)手塚プロダクション

手塚の自宅から発見された創作ノートの一部。「手塚治虫・創作ノートと初期作品集」は、このノートを複製したものになる。(C)手塚プロダクション

大きなサイズで見る

「手塚治虫・創作ノートと初期作品集」では手塚の死後、自宅から発見されたノート75冊の内10冊をセレクト。ノートには初期SF3部作や「ジャングル大帝」など、手塚作品の原型となったアイデアが詰まっている。過去にノートの一部を抜粋した「『来るべき世界』構想ノート」も宝塚市立手塚治虫記念館で発売されているが、今回は1冊まるごと復刻。手書きの文字や絵、シナリオの下書き、鉛筆の線まで再現した貴重な資料集だ。

さらに戦時中の習作原稿を基にした単行本「幽霊男」「勝利の日まで」「恐怖菌」、生原稿の複製原画、解説小冊子が付いてくる。

手塚治虫のほかの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 手塚治虫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。