「大ベルセルク展」年明け開催、三浦建太郎「楽しい“蝕ランド”が具現化しそうです」

1047

三浦建太郎「ベルセルク」の連載30周年を記念した展覧会「大ベルセルク展」が、2021年1月30日から2月15日まで、東京・サンシャインシティの展示ホールAにて開催される。

「大ベルセルク展」ロゴ

「大ベルセルク展」ロゴ

大きなサイズで見る(全4件)

「大ベルセルク展に巨大ゾッド像を降臨させよう!!」バナー

「大ベルセルク展に巨大ゾッド像を降臨させよう!!」バナー[拡大]

「大ベルセルク展」では、「ベルセルク」の原稿やカラー原画200点以上を、作中での時系列に合わせて展示。謙信・プライム1スタジオが制作してきた各種スタチュー、同イベント用に制作された各種ジオラマなど、貴重な展示物が公開される。またグッズ販売に加え、使徒形態のゾッドを等身大スケールで立体化するためのクラウドファンディングも実施される。

三浦は「今回の30周年は一味違います。溜りに溜った原画の展示もさる事ながら、ベルセルク愛をこじらせたスタッフ一同の手により、楽しい“蝕ランド”が具現化しそうです」とコメントを寄せた。なお「大ベルセルク展」は国内各地での開催を計画中だ。

三浦建太郎コメント

アニメと白泉社関連のイベント以外は、10周年、20周年どころかサイン会の一つすらすっとばしてここまで来てしまいました。ツイッターもブログも無い、現代の漫画家としてどーなのよ、と言われても止む無し。
ですが今回の30周年は一味違います。溜りに溜った原画の展示もさる事ながら、ベルセルク愛をこじらせたスタッフ一同の手により、楽しい“蝕ランド”が具現化しそうです。
コロナ禍の厄払いに“彼なりし亜の刻(とき)、亜なりし彼の地へ”皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

この記事の画像(全4件)

「大ベルセルク展」

会期:2021年1月30日(土)~2月15日(月)
会場:東京都 サンシャインシティ 展示ホールA

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

三浦建太郎のほかの記事

リンク

(c)三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 三浦建太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。