これから罪を犯す者がわかる少女の絶望と孤独「救い給え、殺り給え」1巻発売

45

宮月新原作・ミドリ作画「救い給え、殺り給え」1巻が、本日8月28日に発売された。

「救い給え、殺り給え」1巻

「救い給え、殺り給え」1巻

大きなサイズで見る

「救い給え、殺り給え」は、罪を犯す者とそれに巻き込まれる者の未来が視える少女・灰谷雫と、100人の魂を地獄行きから救いたいという青年・ハクトの出会いから始まる物語。両親に先立たれ、居候先の叔母からは暴力を受け、雫は地獄のような日々に苦しんでいた。そんな彼女にハクトは、自分に協力をすれば両親を生き返らせることも可能だと語る。しかし、罪を犯す前に殺してしまえば魂は地獄に行かないという彼のやり方を、雫の倫理観は受け付けない。同作は白泉社の総合エンタメアプリ・マンガParkで連載中。

「救い給え、殺り給え」の試し読みは終了しました
Ad.
なおコミックナタリーでは1巻発売を記念して「救い給え、殺り給え」第1話をまるごと公開中。この機会に試し読みをしてみては。

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。