マオウで「転生王女と天才令嬢」開始、「ざつ旅」主人公が描いたマンガも掲載

214

鴉ぴえろの小説「転生王女と天才令嬢の魔法革命」がマンガ化。南高春告が作画を務め、本日7月27日発売の電撃マオウ9月号(KADOKAWA)で連載がスタートした。

「転生王女と天才令嬢の魔法革命」カット

「転生王女と天才令嬢の魔法革命」カット

大きなサイズで見る(全4件)

「転生王女と天才令嬢の魔法革命」は、魔法の魅力と真理を追い続ける王女アニスフィアと、窮地に立たされる公爵令嬢ユフィリアの出会いから始まる物語。第1話では、魔法で空を飛びたいと願ったことがトリガーになり、幼いアニスフィアが前世の記憶を取り戻す。

なお今号には、鈴ヶ森ちかの読み切り作品「私の大嫌いな先輩」も掲載された。この作品の作者・鈴ヶ森は、同誌で連載されている石坂ケンタ「ざつ旅-That's Journey-」の主人公で、マンガ家志望の女子大生。今号の「ざつ旅」では、マオウに自分のマンガが掲載されて興奮する鈴ヶ森の姿も描かれている。

この記事の画像(全4件)

石坂ケンタのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 石坂ケンタ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。