丸紅茜が装画手がけた大河ドラマ「いだてん」全話レビュー本、制作裏話も

348

丸紅茜が装画を手がけた細馬宏通の著書「いだてん噺」が、河出書房新社より発売された。

「いだてん噺」

「いだてん噺」

大きなサイズで見る

同書は早稲田大学文学学術院教授である細馬が、2019年1月から12月までcakesにて連載していた「今週の『いだてん』噺」に加筆・修正を加えて収録したもの。2019年に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」の各エピソードについて、ストーリー、演出、俳優の演技などの点に着目した著者の感想が綴られた。また明治時代に建てられ、作中にも登場した塔・浅草十二階についてよく知る細馬はドラマにも企画の段階で携わっており、「いだてん噺」ではそのときの裏話も語られている。

丸紅は装画について「ドラマを彩った様々な要素に囲まれながらにぎやかに現在へ向かっていくイメージです。走りのフォームの独特さにも注目して描いてみました」と自身のTwitterにてコメントしている。

丸紅茜のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 丸紅茜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。