田中芳樹の初期短編をマンガ化、瞬間移動であらゆる場所に忍び込む“潜入屋”描く

91

田中芳樹原作、富沢義彦脚本によるいわや晃の新連載「闇に踊る手」が、WebマンガサイトのZでスタートした。

「闇に踊る手」

「闇に踊る手」

大きなサイズで見る

「闇に踊る手」は、田中の初期短編集「炎の記憶」に収録されている同名小説を現代風にアレンジしたコミカライズ作品。瞬間移動の能力を持つ有川亜里夫は、あらゆる場所に忍び込む“潜入屋”を生業としていた。そんな有川のもとにある日、どんな病も治す力を持つアイテム・“栄光の手(ハンド・オブ・グローリー)”を取り戻してほしいという依頼が舞い込む。連載は今後、毎月第4金曜日に更新される。

リンク

関連商品

(c)田中芳樹・らいとすたっふ

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。