空を舞う怪物から人間を守れるのか、ある少年の成長描くバトルファンタジー始動

26

SMAの新連載「天の端」が、本日5月29日にピッコマでスタートした。

「天の端」メインビジュアル

「天の端」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

本作の舞台は、“天の端”と呼ばれる巨大な結界が空を覆う世界。“結士”と呼ばれる特殊な力を持った人間たちは、“天の端”の隙間から降ってくる怪物たちと日々戦っている。幼い頃にある結士に命を救われた星宮銀河が、16歳になって結士の養成機関に入るところから物語は動き出す。連載は今後、毎週金曜に更新。

なおコミックナタリーでは、ピッコマによるマンガ賞「ピッコマAWARD 2020」の特集を展開中。単行本が累計発行部数6000万部を突破した「鬼滅の刃」や、WEBTOONの「外科医エリーゼ」など受賞作品7タイトルを紹介している。

この記事の画像(全4件)

関連する特集・インタビュー

リンク

(c)SMA / KidariStudio, Inc.