劇場版「セーラームーンEternal」前編の特報映像公開!エリオス役に松岡禎丞

2665

武内直子原作による劇場アニメ「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編」のティザービジュアル、特報映像、追加キャストが発表された。

「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編」ティザービジュアル

「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

ティザービジュアルには、宇宙を背景に月の光に照らされたスーパーセーラームーンを描写。また90年代のTVアニメシリーズのオープニング映像からスタートする特報映像は、「ムーンライト伝説」に乗せて、運命に立ち向かい凛々しく戦うセーラー戦士たちの姿や、物語の重要なシーンでもあるうさぎとちびうさ、ペガサス・エリオスとの出会いの場面が映し出された。

そして物語の鍵を握る重要なキャラクター・エリオス役は松岡禎丞に決定。松岡は「小さい頃から知っているセーラームーンへの出演が決まったと聞いて、ビックリしたのと同時に感動と過去がフラッシュバックし、色んなモノが混ざった、よくわからない感情が心の中を駆け巡りました」「妥協は一切しないで、いつもどおり全開でやらせて頂いておりますので、ぜひ今回のストーリーを堪能して頂けたらと思います」とコメントを寄せた。

さらに特報の完成を記念し、抽選で5名に映画のティザーポスターをプレゼントする「#月の光は時を超えた愛のメッセージ SNS キャンペーン」を開催。映画の公式Twitter(@sailor_movie)をフォローし、ハッシュタグ「#月の光は時を超えた愛のメッセージ」をつけて「セーラームーン」の思い出や映画への期待を投稿しよう。

9月11日に公開される本作は、アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」の第4期「デッド・ムーン編」を描く作品。今世紀最大の皆既日食の日、月野うさぎとちびうさのもとに突如ペガサス・エリオスが現れ、うさぎたちに助けを求めるところから物語が動き出す。武内が総監修として参加するほか、監督を今千秋、脚本を筆安一幸、キャラクターデザインを只野和子が担当する。

松岡禎丞(エリオス役)コメント

左から松岡禎丞、エリオス。

左から松岡禎丞、エリオス。[拡大]

小さい頃から知っているセーラームーンへの出演が決まったと聞いて、ビックリしたのと同時に感動と過去がフラッシュバックし、色んなモノが混ざった、よくわからない感情が心の中を駆け巡りました。一言で集約すると凄く嬉しかったです!
私が演じるエリオスは触れたら壊れてしまいそうな儚いガラス細工のような印象ですが、信念はしっかりしたものがあるキャラクターです。アフレコに臨むにあたり、エリオスの生きた人生とセーラームーンの世界観を読みといていたら、すぐに松岡の頭からの指令で「禎丞、これは行ける。『自然に演じるんだったら』これで行こう」と、いつもの“お告げ”が来たので、無理なく精一杯演じました。
妥協は一切しないで、いつもどおり全開でやらせて頂いておりますので、ぜひ今回のストーリーを堪能して頂けたらと思います。

この記事の画像・動画(全9件)

「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編」

2020年9月11日(金)公開

スタッフ

原作・総監修:武内直子「美少女戦士セーラームーン」(講談社刊)
監督:今千秋
脚本:筆安一幸
キャラクターデザイン:只野和子
アニメーション制作:東映アニメーション、スタジオディーン
配給:東映

キャスト

三石琴乃、金元寿子、佐藤利奈、小清水亜美、伊藤静、福圓美里、野島健児 ほか

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

武内直子のほかの記事

リンク

(c)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 武内直子 / 今千秋 / 松岡禎丞 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。