「武蔵野線の姉妹」実写映画に加藤夏希、AKB48中田

62

実写映画化が決定しているユキヲ「武蔵野線の姉妹」のキャストが発表された。ラン役を加藤夏希が、パンドラ役をAKB48の仲谷明香が、英由良役を同じくAKB48の中田ちさとが、しずる役を萬光美代子が、店長役を塩川渉が演じる。

「武蔵野線の姉妹」1巻。左が姉のラン、右が妹のパンドラ。

「武蔵野線の姉妹」1巻。左が姉のラン、右が妹のパンドラ。

大きなサイズで見る

「武蔵野線の姉妹」はオンラインコミックサイトFlexComixネクストにてWEBマンガとして連載中。埼玉県某市でセレブ生活を満喫している、ゴスロリ美少女姉妹の日常を描くコメディだ。姉のランはネット中毒のニート、妹のパンドラはランの面倒を見つつメイドカフェでバイト中、英由良は同じくメイドカフェで働く人気ネットアイドル。いずれも個性的なキャラクターだけに、どのような映像に仕上がるか期待が高まる。

また公式サイトでは、「映画化なんてまったく予想もしていませんでした」というユキヲのコメントも発表された。映画の公開時期などは続報を待とう。

※9月7日追記:記事初出時、FlexComixの発表に基づきパンドラ役を中田ちさとと記載しましたが、正しくは仲谷明香であると訂正の発表がありました。

関連記事

ユキヲのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ユキヲ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。