アニメ「鬼滅の刃」アプリ&家庭用の2大ゲーム化プロジェクト進行中

1766

吾峠呼世晴原作によるTVアニメ「鬼滅の刃」のゲーム化プロジェクトが進行中であることが明らかに。スマートフォン向けアプリゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」は2020年、家庭用ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」は2021年に、それぞれアニプレックスからリリースを予定している。

「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」と「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」のロゴ。 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (c)Aniplex Inc.  (c)「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会

「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」と「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」のロゴ。 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (c)Aniplex Inc. (c)「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会

大きなサイズで見る(全4件)

「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」のキービジュアル。 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (c)Aniplex Inc.

「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」のキービジュアル。 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (c)Aniplex Inc.

これは本日3月16日発売の週刊少年ジャンプ16号(集英社)で発表されたもの。「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」は非対称対戦型サバイバルアクションのマルチプレイゲームで、プレイヤーが鬼殺隊と鬼の陣営にわかれて生き残りを賭けた死闘を繰り広げる。またゲーム化の情報と併せ、ufotable描き下ろしのキービジュアルも到着した。

一方の「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」は、PlayStation4で遊べる鬼殺対戦アクション。家族を殺された仇を討ち、鬼に変えられてしまった妹・禰豆子を人に戻すため、プレイヤーが鬼殺隊剣士・竈門炭治郎となって人々に襲いかかる鬼を倒していく。詳細は、本日開設されたゲームプロジェクトのポータルサイトで確認を。

この記事の画像(全4件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品