焼物博物館で出会ったのは焼物が具現化した“焼器霊”、竹谷州史のモーツー新連載

24

竹谷州史の新連載「やきもんロワイヤル」が、本日2月21日発売のモーニング・ツー4号(講談社)にてスタートした。

「やきもんロワイヤル」扉ページ。(c)竹谷州史/講談社

「やきもんロワイヤル」扉ページ。(c)竹谷州史/講談社

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、蒸発した父親に変わり焼物博物館・ほむら焼物館で館長を務めることになった大学生・炎堂クレイを描くコメディ。夏休みの間、焼物館の代理館長として過ごすことになったクレイは、そこで伊万里・備前・九谷・美濃、それぞれの焼物の個性が具現化した“焼器霊(やきもん)”と出会ってしまい……。

そのほか今号では、浜村俊基原作による藤澤紀幸「天牢のアヴァロン」の第1部が完結。また次号より、堀出井靖水「ブラックバウンズ」、束ユムコ「お部屋は見ての汚楽しみ」の新連載2作がスタートする。

この記事の画像(全2件)

竹谷州史のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 竹谷州史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。