コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

遺伝子捜査ミステリー「らせんの迷宮」4月にドラマ化!田中圭が主演、安田顕も

757

夏緑原作による菊田洋之「らせんの迷宮 -遺伝子捜査-」のTVドラマ化が決定した。准教授の肩書きを持つDNAの専門家・神保仁役を田中圭、彼の相棒である熱血刑事・安堂源次役を安田顕が演じる。

ビッグコミック増刊号(小学館)にて2012年5月から2015年9月にかけて連載された「らせんの迷宮-遺伝子捜査-」は、32億桁の遺伝子配列を記憶する天才科学者・神保が、熱血刑事・安堂や科捜研の美女・乱原蘭とともに未解決事件に挑むミステリー。ドラマは「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」と題され、4月から毎週金曜20時より放送される。

田中、安田からはそれぞれコメントも到着。今回がゴールデン帯初主演となる田中は、自身が演じる神保の変人ぶりを踏まえつつ「今まで普通が持ち味の役ばかりやってきたので、最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思います」としながらも、「自分なりの神保准教授を生きられればいいなと思います」と意気込む。そんな田中と初共演となる安田は「ご一緒するのは初めてですが、とても嬉しく、光栄です。これまた今から楽しみで仕方ありません」と期待を語ったうえで、「ご覧くださる方々に、楽しんでいただけるドラマをキャスト、スタッフの皆さまと作り上げていけるよう、頑張ります」と視聴者にメッセージを送った。

田中圭(神保仁役)コメント

台本を読んでワクワクしましたし、これから安田さんをはじめ共演者の皆さまと一緒に、新しいモノを作っていければいいなと思います。金曜20時なので、みんなが楽しくみられるけど、気付いたら集中して夕飯を食べ忘れた…みたいな、のめり込める作品になればいいなと思います。みんなで頑張っていきます!
自分の役も特徴的で、今まで普通が持ち味の役ばかりやってきたので、最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思いますが、自分なりの神保准教授を生きられればいいなと思います。
皆さま楽しみにしていてください。そして、毎週一緒に事件を解決していってください!宜しくお願いします!

安田顕(安堂源次役)コメント

刑事役は、いつもワクワクします。安堂という役を現場で楽しみながら、人間味あるよう演じていけたらと思います。
田中圭さんとご一緒するのは初めてですが、とても嬉しく、光栄です。これまた今から楽しみで仕方ありません。
ご覧くださる方々に、楽しんでいただけるドラマをキャスト、スタッフの皆さまと作り上げていけるよう、頑張ります。

山鹿達也(プロデューサー)コメント

新感覚の刑事ドラマが誕生します!
ちょっと変わり者の天才DNA科学者を田中圭さん。涙もろい熱血刑事を安田顕さんが演じます。
実は田中さんと安田さんは初共演で、この有りそうで無かった新鮮なコンビは、役柄同様にまさに運命的なバディだと確信します。いまもっとも旬な田中さんが、今まであまり演じてこなかった天才科学者をどう魅せるのか楽しみですし、演技派のお二人の掛け合いや芝居合戦は、最大の見どころです。また、身近になったDNAやゲノムなどの最新情報を分かりやすく解説します。子供から年配の方まで、見て楽しめてちょっとタメになるそんな刑事ドラマを目指します。ぜひご期待ください。

「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」

テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送にて2020年4月より毎週金曜20:00~

スタッフ・キャスト

原作:作・夏緑、画・菊田洋之「らせんの迷宮 -遺伝子捜査-」(小学館)
主演:田中圭
出演:安田顕
脚本:黒岩勉 酒井雅秋 福田哲平 
監督:岩本仁志 ほか
チーフプロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)
プロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)、北川俊樹(テレビ東京)、尾上貴洋(AX-ON)
製作:テレビ東京、AX-ON

コミックナタリーをフォロー