コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

SQ19に矢吹健太朗「迷い猫」が移籍、一色登希彦新連載も

19

本日8月19日に発売されたジャンプSQ.19夏号(集英社)にて、松智洋原作、矢吹健太朗作画「迷い猫オーバーラン!」の移籍連載がスタートした。

「迷い猫オーバーラン!」はジャンプスクエア(集英社)にて連載されていたが、10月4日発売のジャンプスクエア11月号より矢吹の代表作「To LOVEる -とらぶる-」のスピンオフ連載がスタートするため、ジャンプSQ.19へ移籍することとなった。また前号に引き続き、「迷い猫オーバーラン!」のお風呂ポスターのプレゼントも。ポスターには梅ノ森千世の水着姿が描かれているが、お風呂の湯気で水着が透けるという仕掛けが施されている。

さらに今号では、「Dust to Dust~はじめの1000マイル~」などで知られる一色登希彦の新連載「水使いのリンドウ」がスタートした。またジャンプスクエアで連載中の遠藤達哉「月華美刃」、助野嘉昭「貧乏神が!」の番外編が掲載されているほか、久正人原作による山本ヤマトの読み切り「デュカタンの娘」も収録。さらに11月4日発売のジャンプスクエア12月号より連載がスタートする「エグザムライ」の先行読み切りも掲載されている。同作の企画・原作はHIROと松田誠が、作画は「AKEBOSHI―異聞水滸伝―」の天野洋一が手がける。

ほかにも坂口龍狼「姉妹とゾンビと虹色ぱんつ」、川村拓「ヤドカリ彼女」、小里しん「召喚カウンセラー Mr.クロベエ」、上野祥吾「ドM-ANZAI!!」、笠井稔「ろくよく」、桜井春樹「あなたの未来、買い取ります。」などの新人による読み切りも充実。また11月19日発売の次号ジャンプSQ.19秋号では、前田理想の新作読み切りが掲載される予定だ。

なお本日より配信予定のiPad用アプリ「SQ.19D(デジタル)」体験版は、現在App Storeの審査中で、配信が遅れている模様。ダウンロード希望者はもうしばらく待っていてほしい。

コミックナタリーをフォロー