コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「八男って、それはないでしょう!」追加キャストに三村ゆうな、小松未可子、M・A・O

56

TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」の放送開始時期が2020年4月に決定。併せてキービジュアル第2弾と追加キャストが発表された。

新たに参加が明らかになったのは、武術の特待生・ルイーゼ役の三村ゆうな、槍の使い手・イーナ役の小松未可子、小柄ながらも怪力の持ち主・ヴィルマ役のM・A・Oという3名。それぞれからコメントも届いている。

なお同作の公式Twitterアカウント(@Hachinan_PR)では、追加キャスト公開を記念したキャンペーンを展開。同アカウントをフォローし所定のツイートをRTした人の中から、抽選で3名にキャスト寄せ書きサイン色紙をプレゼントする。応募の詳細は公式サイトにて確認を。

三村ゆうな(ルイーゼ役)コメント

出演が決まったときの気持ち

素直に嘘やろって思いました。スタジオオーディションの時、自分で考えていた芝居より気持ちおふざけに振ってしまって…帰り道に、あーこれ落ちたわって凹んでいたので! だから尚のこと!決まった時は本当に嬉しかったです!

演じるキャラクターについて

ルイーゼは天真爛漫、いろんな意味でしたたかな女の子なのですが、時に辛辣な言葉を口にしたりも…。
それが嫌味やいじわるにならないよう、「とにかく素直に」演じるよう心がけてます。
彼女の根は明るく真っ直ぐなので!ねじまがらないように!笑

小松未可子(イーナ役)コメント

出演が決まったときの気持ち

「八男って、それはないでしょう」というタイトルだけを聞いて、てっきり「長男~八男までよりどりみどりのイケメン男子達を、ヒロインが攻略していくお話なんだ!逆ハーレム作品だ!」と思っていたのですが、原作を読ませて頂くと、しっかり重厚なハイファンタジー。貧乏貴族の末っ子で万事休すな環境から這い上がっていく主人公を中心とし、周りのキャラクター達が丁寧にかつコミカルに描かれていて、どんな風にイーナを演じようかとアフレコがとても楽しみでした。

演じるキャラクターについて

主人公の周りのキャラクター達がとにかく個性的なのですが、イーナはその中でも真面目でしっかり者。エルやルイーゼの暴走を宥めたり乗っからざるを得なかったりと振り回されてばかりいますが、常識人的な振る舞いは忘れないように心がけました。エルとのアドリブのシーンが多かったので、一発勝負の掛け合いもお聞き逃しなく。笑

M・A・O(ヴィルマ役)コメント

出演が決まったときの気持ち

ヴィルマちゃんとして、作品に参加させていただく事ができとても嬉しかったです!
設定がとてもユニークで、貴族階級における人間関係や生活の描写も興味深く、収録がとても楽しみでした。

演じるキャラクターについて

ヴィルマちゃんは基本的に気怠げな雰囲気の女の子ですが、食べ物に対してはとても反応が良く(笑)、そういった部分のギャップをきちんと表現できるよう意識しました。そして、護衛としてしっかりお役に立てるよう、「やる時はやるぞ!」と頑張る気持ちも忘れずに演じさせていただきました。

TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」

2020年4月放送開始予定

スタッフ

原作:Y.A(MFブックス/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:藤ちょこ
監督:三浦辰夫
シリーズ構成:宮本武史
キャラクターデザイン:田辺謙司
アニメーション制作:シンエイ動画,SynergySP

キャスト

ヴェンデリン:榎木淳弥
エリーゼ:西明日香
ルイーゼ:三村ゆうな
イーナ:小松未可子
ヴィルマ:M・A・O

(c)Y.A/MFブックス/「八男って、それはないでしょう!」製作委員会

コミックナタリーをフォロー