コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ダ・ヴィンチでいがらしみきおが太宰治をマンガ化、朝霧カフカも文豪の魅力語る

82

本日9月6日発売のダ・ヴィンチ10月号(KADOKAWA)では「文豪特集」を展開。同特集にはいがらしみきおが太宰治を描いたマンガを寄稿している。

いがらしは「文豪をテーマにした短編」という依頼を受け、自身と同じ東北出身の太宰を題材に選択。原稿用紙に向き合う太宰の姿を、6ページにわたってフルカラーで描いた。同特集では「文豪ストレイドッグス」の原作者・朝霧カフカが、“なぜ今、文豪なのか?”というテーマでインタビューに答えている。

そのほか特集2「ミステリーの罠」では、埜納タオが描き下ろしマンガ「『夜明けの図書館』×ミステリー」を寄稿。「コミック ダ・ヴィンチ」のコーナーでは新井英樹を特集しており、新井と映画「宮本から君へ」の主演を務める池松壮亮の対談も掲載された。また「キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編」を上梓した井上純一、「やまとは恋のまほろば」の浜谷みおへもインタビューを行っている。

コミックナタリーをフォロー