コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

江戸BL「百と卍」が200点限定で浮世絵に、紗久楽さわのサイン入りも用意

461

「百と卍」江戸浮世絵木版画

「百と卍」江戸浮世絵木版画

紗久楽さわ「百と卍」を題材にした浮世絵木版画が、限定200点で発売決定。8月26日13時にCOLLAB JAPANの特設ページで予約受付がスタートし、商品は2020年1月より順次発送される。価格は税別4万2000円。

on BLUE(祥伝社)で連載中の「百と卍」は、元火消しの伊達男・卍と無邪気な陰間あがりの百樹を描く江戸BL。浮世絵は人間国宝の岩野市兵衛が手がける和紙を用い、空摺り、きめ出し、ごま摺り、板ぼかしなどといった技法を使用して制作される。50回以上にもおよぶ摺り重ねで表現した豊かな色彩がポイントだ。なお9月10日までに予約注文した人の中から抽選で10名に、紗久楽のサイン入りで浮世絵が届けられる。

また本日8月24日、「百と卍」の3巻が発売に。通常版に加え、アニメイトではドラマCD、とらのあなでは書き下ろし小冊子とミニがまぐちポーチ付きの限定版が販売される。そのほかコミコミスタジオ、ホーリンラブブックス、応援書店、電子書店でも単行本の購入特典を用意。さらに3巻発売を記念し、全国の書店を対象とした飾り付けコンクールも開催される。詳細は祥伝社の特設ページで確認を。

コミックナタリーをフォロー