コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

くらもちふさこが映画「ガーンジー島の読書会の秘密」にイラスト&コメント寄稿

152

くらもちふさこによる「ガーンジー島の読書会の秘密」のイラスト(左)。

くらもちふさこによる「ガーンジー島の読書会の秘密」のイラスト(左)。

くらもちふさこが、映画「ガーンジー島の読書会の秘密」のイラストを描き下ろした。

8月30日より公開される映画「ガーンジー島の読書会の秘密」は、第2次世界大戦終戦後、イギリス海峡に浮かぶガーンジー島を舞台にした物語。ナチによって郵便が止められ、通信網が切られ、完全に孤立状態となったガーンジー島で生まれた“読書会”にまつわる秘密を描くミステリーだ。

このたび公開されたイラストは、映画を観たくらもちがお気に入りのシーンを描いたもの。くらもちは「島の人々のミステリアスに表現された様々な想い それが一つになった場面は いつまでも残ります」と語っている。そのほか歌人の俵万智、モデル・俳優の栗原類ら著名人からもコメントも寄せられた。

くらもちふさこコメント

島の人々のミステリアスに表現された様々な想い
それが一つになった場面は
いつまでも残ります

俵万智(歌人)コメント

本の力、手紙の力、言葉の力。
それが人の力になり、人と人とをつなぐ。
シンプルで最高なことだ。

栗原類(モデル・俳優)コメント

リリー・ジェームズの中に生きてるリアリズム、希望、恐怖が絶妙であり、ジュリエットを演じる人は他に想像できません。スタッフロールもこの作品では重要なのでそこも見逃して欲しくない。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)コメント

今どきこんな古風な映画があることにちょっと驚きます。途中から結末が分かっても、むしろ謎の解き方が気になります。そして必ずガーンジーに行きたくなるはずです。とても爽やかな気持ちになる映画です。

山内マリコ(作家)コメント

いつにも増して魅力的なリリー・ジェームズに導かれ、
読むこと、書くことの愉悦ににんまりしました。

新井見枝香(HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)コメント

書きたいものを見つけた作家は、もう誰にも止められやしない!
日が暮れたことにも気付かず、タイプライターに顔を埋めて、アパートを揺らす勢いで打ちまくるジュリエットのかっこいいこと!

シトウレイ(フォトグラファー)コメント

好奇心のままに飛び込むこと。
いかなる時も心を開いていくこと。
そして、
自分にとっての「幸せ」とは何かをクリアに見極めること。
人生を切り開く鍵が、この物語の中に詰まってる。

瀧井朝世(ライター・『贅沢な読書会』モデレーター)コメント

本を読んで語らう時間の愉悦が味わえる。読書家の方々にもお薦めしたい作品。

山崎まどか(コラムニスト)コメント

本が運んでくるのは、その中に描かれている物語だけではない。
その本を手に取った人、その本を愛した人のストーリーも連れてくる。
本でつながる人々のドラマティックな人生に魅せられた。

井形慶子(作家・「ミスターパートナー」編集長)コメント

島民が口を閉ざすある秘密と「ダウントン」キャストの見事な演技。終戦直後、40年代の英国を知る最高の映画だ!

(c)2018 STUDIOCANAL SAS

コミックナタリーをフォロー