コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「なまいきざかり。」成瀬がザ花の袋とじで再び猛攻!ミユキ蜜蜂の新連載も

542

「なまいきざかり。」で知られるミユキ蜜蜂の新連載「野良猫と狼」が、本日7月25日発売のザ花とゆめ9月1日号(白泉社)にてスタートした。

「野良猫と狼」は、行き倒れた女子高生と彼女を拾ったバンドマンの同居ラブ。親と死に別れ、引き取られた祖母ともうまくいかず上京した環は、高校に入学早々アパートから立ち退きを余儀なくされ、1人で東京をさまよっていた。そんなとき、やたらとイケメンのバンドマン・狼(ろう)に助けられ……。また今号には「なまいきざかり。」の袋とじマンガも。ザ花とゆめ2018年9月1日号の袋とじと同様、“ラブ度MAX”な由希と成瀬のエピソードが展開されている。

毎号決められたテーマに沿った作品を掲載していくザ花とゆめ。「イケメン」をテーマにしている今号では、小瀧望ジャニーズWEST)の両面ピンナップが付属し、インタビューも掲載された。またゲストに山中ヒコが登場し、生まれつきのイケメン・渋谷の悩みを描く「美しいということ」を披露。師走ゆき「高嶺と花」、sora「墜落JKと廃人教師」といった花とゆめ(白泉社)連載作の番外編も収録されている。

なおコミックナタリーでは、花とゆめの創刊45周年を記念した特集を展開中。公開中の第4回ではsoraにスポットを当て、5巻までで紙と電子合わせて累計60万部を突破した「墜落JKと廃人教師」の創作秘話、花ゆめでの月2回連載と他媒体での月1回連載を掛け持ちできる驚きの月産量の秘訣を聞いた。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー