ミユキ蜜蜂「なまいきざかり。」 PR

「なまいきざかり。」|ミユキ蜜蜂&佐藤拓也 対談 恋のオフェンス男子・成瀬翔を“五感で感じる”方法

「ぼくの地球を守って」の輪、「オトナになる方法」の真吾、「ディア マイン」の風茉ら、生意気で魅力的な年下男子を多数輩出してきた少女マンガ誌の老舗・白泉社。彼らよりヒロインとの年の差は少ないものの、花とゆめ(白泉社)で連載されている「なまいきざかり。」のヒーロー・成瀬翔も、そんな白泉社が誇る年下男子の1人。1学年上の由希に振り向いてもらうため、時に強引な態度で、時に甘いセリフで由希を攻め立てる。

コミックナタリーでは「なまいきざかり。」13巻と、短編集「ピンクスクラップ」の同時発売を記念し、作者のミユキ蜜蜂と声優・佐藤拓也の初対談をセッティング。佐藤は2015年より、花とゆめや「なまいきざかり。」単行本限定版に付属するドラマCDで成瀬役を演じてきた。ミユキと佐藤の対談を通し、「なまいきざかり。」のディープな魅力に迫る。

取材・文 / 的場容子 撮影 / 高原マサキ ヘアメイク / 清宮令子

ザ花とゆめのサマーラブ企画 “五感で感じろ 成瀬翔”を徹底解説!

その名の通り、イケメン年下男子・成瀬を読者の視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚をフルに使って楽しむ企画「五感で感じろ 成瀬翔」。7月25日発売のザ花とゆめ9月1日号には“視覚”で魅せる番外編マンガ、“聴覚”を惹きつける音声ドラマが再生できるQRコード、“嗅覚”を刺激する成瀬の香り付きポストカードが付属する。またザ花とゆめ9月1日号、6月20日発売の「なまいきざかり。」13巻、「ピンクスクラップ」と連動で、成瀬に抱かれる“触覚”を堪能できるバスタオル、番外編マンガで成瀬が食べたアイスを“味覚”で楽しめるアイスメーカーのプレゼント企画も実施。

成瀬翔
成瀬翔
高校1年の入学式で1学年先輩の主人公・由希と出会ったバスケ少年。クールでしっかり者の由希がマネージャーを務めるバスケ部ではエース的な存在。第1話で由希に惚れ、恋の猛攻を仕掛ける。最新13巻では成瀬も大学生に。由希と初めての夜を迎え、一途さも色気もますますパワーアップ!
  • 視覚

    由希と成瀬のサマーラブがここに!“エロきゅん”袋とじマンガ

    編集部から「とんでもないものを描いてほしい」とオーダーされました

    ミユキ蜜蜂ミユキ蜜蜂
    由希

    ザ花とゆめ9月1日号に掲載!

  • 聴覚

    成瀬役の佐藤拓也が1人でサマーラブを演じきる!“エロきゅん”袋とじマンガを音声化

    佐藤拓也佐藤拓也

    五感のうちのひとつって、責任重大ですね

    「なまいきざかり。」イラスト

    ザ花とゆめ9月1日号付属のQRコードからアクセス!

  • 嗅覚

    ポストカードを嗅ぐと、成瀬の香水をイメージしたさわやかな香りが…成瀬の香り付きポストカード

    ザ花とゆめ9月1日号に付録として登場!

  • 触覚

    成瀬に抱かれた感触を味わえるバスタオルプレゼント

    バスタオルのサンプル画像。

    味覚

    袋とじ番外編で成瀬が食べてた
    アイスを作ろう!
    アイスメーカー&デザートプレートプレゼント

    アイスメーカーのサンプル画像。 デザートプレートのサンプル画像。

    ザ花とゆめ9月1日号、「なまいきざかり。」13巻、「ピンクスクラップ」のうち、2冊購入すると応募可能に。詳細は単行本の帯、またはザ花でチェック!

ミユキ蜜蜂×佐藤拓也 対談

佐藤さんの色気がありすぎてヤバい(ミユキ)

──佐藤さんは2015年から、「なまいきざかり。」の音声ドラマで成瀬を演じられています。ミユキ先生としては、ズバリ、佐藤さん演じる成瀬の魅力はどのあたりにあると思いますか?

笑顔を弾けさせる佐藤拓也。

佐藤拓也 それを目の前で聞かされるのは、ちょっと恥ずかしいですね(笑)。

ミユキ蜜蜂 やっぱり、セクシーなところです! 何度か収録の現場もお邪魔しているんですが、スタジオの隣のブースで私や編集さんがヘッドフォンで佐藤さんの演技を聞いていると、もう「色気がありすぎてヤバい……!」となって。逆にヘッドフォンを取ってしまいたくなるくらい、毎回キュンキュンきています。

──ダミーヘッド(※人間の頭部の形をした録音機。立体的な音声が収録でき、再生したときに臨場感を得られる)録音の生アフレコを見ているということですもんね。それはときめきがあふれそうな……。

ミユキ そうなんです。だから収録見学ではいつも、体温が急上昇して、汗もダラダラかいて、ずーっと暑くてあおいでいる状態になって……(笑)。

──佐藤さんの演技がそれほど色っぽいと。

佐藤 恐縮です。

由希にちょっかいを出す成瀬。

──佐藤さんが演じることによって、成瀬の新たな一面に気づくことはありますか?

ミユキ ありますね。連載当初からずっと成瀬を、「体が大きいんだけど、子どもっぽい感じ」で描いていたんです。でも“佐藤さん演じる成瀬”を聞いて、「もしかしたら同年代の子たちよりも、大人な部分があるんじゃないかな?」とか、「中学生のときも、まわりの子と比べて大人びていて、結構モテたんだろうな」と、考えを新たにしました。

──ミユキ先生が考えていた以上に、大人っぽい一面が垣間見れたということなんですね。佐藤さんは、演じていて印象に残っている部分はありますか?

佐藤が言及した成瀬のシーン。

佐藤 原作を読ませてもらって、「成瀬ってこういう奴か」と思ったのが、「あの人俺といる時くそかわいいし まじ見せらんねーくらいかわいい お前が知ってる100億倍くらいかわいい」っていう成瀬のセリフです(第3巻収録、第18話)。ああ、恋のライバルを目の前に、こういうことを言える奴ってすごいなと思って。もしかしたらハッタリをかましているだけかもしれないんですけど、でも、「そうであってほしい」という由希センパイへの思いの強さも伝わってくるセリフだと思うんです。彼は本当にセンパイのことが大好きなので。でも成瀬はすごく子供っぽいところもありますよね。だから周りからはこう見えているという印象と、彼自身が内包しているセンパイへの好意と、子供っぽさのバランスみたいなものは、収録するたびに割合をいろいろ考えながらやっています。

──成瀬というキャラを何層にも分析されているんですね。

佐藤 先生は僕の芝居を聞いてくださって「成瀬は中学生の頃からモテた」と感じられたということですが、確かに成瀬はすごく華のある子なので目を引くし、女の子からはキャーキャー言われると思うんですけど、それと同時に、まわりの予想に反して「知識だけはある耳年増」みたいなところもある奴なのかな、とも思ってるんです。

ミユキ (笑)。

佐藤 しょうもない単語を辞書で調べて喜んだり、エロい雑誌を読んで「すげーっ!」って言ったり、若い男の子特有の子供っぽさもあるんじゃないかと(笑)。演じていて感じるのは、そういった等身大な部分も常に持ってる人だということなんですよね。だからセンパイに対して、たきつけたり、モーションをかけたりするときも、「こんなセリフ言ったら女の子は喜ぶんでしょ?」くらいの気持ちで言ってるのかなと。でも、彼自身の雰囲気が、それをマシマシにしてしまって、「この子は、これまでどこまでモテてきたのかしら!?」と思わせてしまうようなところもあるのでは……とは思います。

──たしかに成瀬って、カッコいいお姉さんもいたり、バスケ部の先輩にも囲まれてるから、そういう情報はいっぱい得ているかもしれません。

佐藤 実体験はそんなにないと……思ってるんですけど。どうかな(笑)。

ミユキ うふふ(笑)。

ミユキ蜜蜂「なまいきざかり。⑬」
2018年6月20日発売 / 白泉社
ミユキ蜜蜂「なまいきざかり。⑬」

コミックス 463円

Amazon.co.jp

Kindle版 432円

Amazon.co.jp

“はじめて”の夜を越えた由希&成瀬のラブはますますパワーアップ! 卒業式に春休み旅行、楽しい行事が目白押し! ……と思いきや、大学入学早々トラブル満載で!?

ミユキ蜜蜂「ピンクスクラップ」
2018年6月20日発売 / 白泉社
ミユキ蜜蜂「ピンクスクラップ」

コミックス 463円

Amazon.co.jp

Kindle版 432円

Amazon.co.jp

「なまいきざかり。」の殿くん&あみちゃんカップル番外編! 付き合って1年……いまだにキス以上に進まない2人の“はじめて”の行方は…!? 「なまいきざかり。」の幻の初回読み切りver.なども収録した、満足度たっぷりの短編集。

「ザ花とゆめ サマーラブ 2018/9/1号」
2018年7月25日発売 / 白泉社
「ザ花とゆめ サマーラブ 2018/9/1号」

夏こそエロきゅん♥アツい恋号。ザ花リニューアル2号目のテーマは「サマーラブ」!
ミユキ蜜蜂「なまいきざかり。」由希&成瀬攻めのエロきゅん袋とじマンガ&新作読み切り「ハダカの万里くん」ほか、「GAME~スーツの隙間~」の西形まい「褐色のロゼ」、「墜落JKと廃人教師」のsora「ミレンボーイ・ミレンガール」など人気作家の新作が盛りだくさん!

ミユキ蜜蜂(ミユキミツバチ)
ミユキ蜜蜂
千葉県出身、11月29日生まれ。現在花とゆめ(白泉社)にて、「なまいきざかり。」を連載中。
佐藤拓也(サトウタクヤ)
佐藤拓也
宮城県出身、1984年5月19日生まれ。賢プロダクション所属。代表作は「義風堂々!! 兼続と慶次」(前田慶次役)、「ガンダム Gのレコンギスタ」(マスク、ルイン・リー役)、「刀剣乱舞」(燭台切光忠、江雪左文字役)など。