コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

須貝真也初監督作、人がゾンビを食べる世界描く短編CGアニメが7月劇場公開

76

須貝真也の初監督作である短編CGアニメ「Walking Meat」が、7月19日よりシネ・リーブル池袋ほか全国劇場にて順次公開される。

「Walking Meat」は約20分の短編作品。人口増加と食料問題を解決するため人々がゾンビを食料とし、「ウォーキング・ミート(歩く肉)」と呼ぶようになった世界が描かれる。監督を務める須貝は、「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」「神撃のバハムート GENESIS」「東のエデン」などのCG制作に携わってきた人物。制作は「ラブライブ!サンシャイン!!」や「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」などのCGを手がける、CGアニメスタジオのサブリメイションが担当する。キャストには内田真礼落合福嗣津田美波津田健次郎三瓶由布子が名を連ねた。なお同作はアメリカ・テキサス州で行われた第52回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭のアニメ・漫画部門で、ゴールド賞を受賞している。

「Walking Meat」

スタッフ

原作:サブリメイション
監督:須貝真也
キャラクターデザイン:神田己司
製作総指揮:小石川淳
プロデューサー:西村知恭
アニメーション制作:サブリメイション 

キャスト

マリン:内田真礼
マサル:落合福嗣
カオリ:津田美波
ハセガワ:津田健次郎
バブ:三瓶由布子

(c)Walking Meat製作委員会

コミックナタリーをフォロー