コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ガンダム&ザクが東京2020大会を宇宙から応援!JAXAも参加の企画がスタート

274

TVアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するガンダム、シャア専用ザクのプラモデルを宇宙空間に放出する企画「G-SATELLITE 宇宙へ」が、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京大学、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)のコラボで実施される。

今回の企画では日本を代表するTVアニメのキャラクターとしてガンダム、シャア専用ザクの2体のガンプラを、過酷な宇宙環境に対応できる素材と塗料を使用して製作。2体は超小型衛星・G-SATELLITEに搭載され、ISS(国際宇宙ステーション)へと打ち上げられる。G-SATELLITEは、2020年3月から4月にISSから宇宙空間へ放出される予定。衛星に搭載されたガンダムとシャアザクは、宇宙空間へ放出される際にはコックピットに格納されており、「G-SATELLITE」が地球周回軌道に乗った後、コックピットが展開して宇宙空間に現れる機構となっている。

ガンプラの足元には メッセージを表示する電光掲示板が搭載され、目はオリンピックカラーの5色に変化。放出後は、東京2020大会の期間前から期間中にかけて、地球周回軌道を飛行しながら大会への応援メッセージを地球に向けて発信し、その様子はG-SATELLITEに設置された7台のカメラによって撮影が行われる。

「G-SATELLITE 宇宙へ」は、日本を代表する文化人や芸術家が一丸となり、さまざまなコンテンツを制作して東京2020大会を盛り上げていくプロジェクト 「ONE TEAM PROJECT」の一環として行われる「宇宙から東京2020エール!」の第2弾。小山宙哉「宇宙兄弟」とコラボした第1弾では、小山によって書き下ろされた「東京2020応援パラパラ漫画」によって、宇宙から地球にエールが届けられた。

コミックナタリーをフォロー