コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

いがメンチくぅが?ご当地グルメと方言満載「津軽先輩の青森めじゃ飯!」1巻

128

仁山渓太郎が秋田書店のWebマンガサイト・マンガクロスで連載している「津軽先輩の青森めじゃ飯!」1巻が、本日4月19日に発売された。

「津軽先輩の青森めじゃ飯!」の主人公は、生まれも育ちも東京ながら、青森の新聞社に就職した都飯美。県内のグルメを紹介する記事を担当することになった飯美は、先輩たちの津軽弁がまったく理解できないことに悩みながらも、イカを使った揚げ物・いがメンチ、八戸の郷土料理・せんべい汁といったご当地グルメや、お祭りなどの文化を知っていき、青森のことを好きになっていく。

また秋田書店では、「方言女子はかわいいと思いませんか?」と題したキャンペーンを実施している。対象は「津軽先輩の青森めじゃ飯!」のほか、同じく本日発売のミサト「佐渡島ときどきラジオガール」、井上行広「あわドルぐらし」、小林俊彦「青の島とねこ一匹」のそれぞれ1巻、発売中の新島秋一「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」1、2巻の計6冊。このうち2冊の帯にある応募券を使用してハガキで応募すると、フェア参加作家の描き下ろしマンガが収録された小冊子が、抽選で100名にプレゼントされる。詳細は単行本の帯で確認を。

コミックナタリーをフォロー