コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

劇場版「タガタメ」ゲームからはどう変化?逢坂良太は“河森正治らしさ”に興奮

153

劇場アニメ「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」のステージイベントが、本日3月24日に東京・東京ビッグサイトで開催されている「AnimeJapan 2019」にて行われた。

イベントにはエドガー・L・レオンハート役の逢坂良太、総監督の河森正治、監督の高橋正典、原作者であるゲームプロデューサー・今泉潤が登壇。逢坂は「女に涙を流させない、それ以上大事なことなんてこの世にはないんだぜ」と、自身が演じるレオンハートのセリフで挨拶する。

本作の題材となったスマートフォン向けゲーム「誰ガ為のアルケミスト」にて、オープニングアニメを手がけた河森。映画化の話を受けた際のことを「ゲームをする人たちって、プレイ時間がすごく長いじゃないですか。そうやって皆さんがキャラに愛着を持っている部分を、映画ではたった2時間に凝縮しないといけないのが課題だと思った」と語る。また河森へ駄目元でオファーしたという今泉は「天下の河森正治ですよ!」と感動を語り、高橋は「河森さんにお願いするからには、河森さんの色を出していくのがベスト」と制作方針を話す。さらに河森と高橋は、本作のためにトルコのカッパドキアへロケハンに行ったことも明かした。

本作で描かれているのは、ゲームのストーリーから2年後の世界。逢坂はエドガーについて「ゲームでの物語がひと通り終わった後なんですが、ちょっといろいろありまして、擦れちゃうというか(笑)。ゲームとは全然違う一面を見せてくれます。ある意味ゼロから始めるような気持ちでしたし、ここまで違うエドガーを見せられるのかと思うとすごくやり甲斐がありました」と述べる。また今泉はゲーム版からのエドガーの変化について「変わるきっかけも明確に描かれている。エドガーらしい変わり方をしているし、そこからどんなエドガーになっていくかも魅力」と説明。さらに劇中でもエドガーの成長過程が描かれるそうで、今泉は「僕的には、(この映画は)青春群像劇」とまとめた。

イベントでは水瀬いのり演じる劇場版オリジナルキャラクター・カスミの話題も。河森はカスミが生まれた経緯を「ゲームをやっていた方と、タガタメを初めて知った方の、膨大な情報量の差を超えるために、地球の普通の女子高生が異世界・バベル大陸に召喚されるというエピソードを入れた」と語る。また河森は自身が1996年に手がけたTVアニメ「天空のエスカフローネ」を挙げ、「20年前も、女子高生がロボのいる異世界に飛ぶ話を作った。それを今の自分が作ったらどうなるかという感覚があった」と述べる。またステージ上で劇場版に登場するロボ、闇の魔人のビジュアルが紹介されると、逢坂が「僕も男の子ですし、河森さんの数々の作品を観てきたので、河森さんらしさがあるなと思った」と興奮する一幕もあった。

終盤には今泉は、本作が全国10館のみでの上映である理由を「劇場に行ったらすごいことがわかります。普通の映画じゃできないことをしたくて、劇場のオペレーションが大変なので数を絞らないといけなかった」と告白。また今後、ゲーム版でもさまざまな施策を用意しているそうで「河森監督が手がけた有名な作品とのコラボもあります。歌うのか、合体するのか……どっちかかな(笑)」とファンの期待を煽り、イベントを締めくくった。

「誰ガ為のアルケミスト」は6月14日より公開。バベルの塔を臨むバベル大陸を舞台に、“禁忌の術”として封印された錬金術を巡り7大国家に所属する7人の主人公たちが描かれる。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

(c)2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight

コミックナタリーをフォロー