コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「グランベルム」キービジュ&PV到着、新キャラに日笠陽子と久保ユリカ

119

アニメ「グランベルム」の第1弾キービジュアルとPVが到着。併せて、新キャラクターのアンナ・フーゴ役を日笠陽子、林寧々役を久保ユリカが演じることも発表された。

アンナ・フーゴは名門フーゴ家の跡取りとして英才教育を受けてきたお嬢さま、林寧々は小日向満月の妹・希望と同じ中学校に通う少女というキャラクター。日笠は自身の務める役について「初めて見た時、紅く燃え盛るような炎と気高い女王のようなイメージでした。いい意味でそれを裏切る役であり、身を削りながらお芝居しています」と述べ、久保はアニメに対し「1話からお話に引き込まれて、台本を読んでいるだけでもとにかく続きや展開が気になる素敵な作品です」と語った。

また本作において、魔術師たちが騎体を操り戦う魔法人形“アルマノクス”のビジュアルも公開。さらにエンディングテーマが、Uruの「願い」に決定したことも明らかになった。

「グランベルム」はアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」などを手がける渡邊政治が監督を務めるオリジナルアニメ。2019年7月にMBS、TBS、BS-TBSの「アニメイズム」枠にて放送開始する予定だ。

日笠陽子(アンナ・フーゴ役)コメント

アンナを初めて見た時、紅く燃え盛るような炎と気高い女王のようなイメージでした。
いい意味でそれを裏切る役であり、身を削りながらお芝居しています。こういう風に没頭できる役を演じられるのは役者冥利につきます。頑張ります!よろしくお願いします!

久保ユリカ(林寧々役)コメント

1話からお話に引き込まれて、台本を読んでいるだけでもとにかく続きや展開が気になる素敵な作品です。複雑であったり謎が多かったり、寧々を演じられることが楽しくもあり難しい。出会えてよかったと感じています。自分らしく表現できるように頑張ります。

Uruコメント

グランベルムのエンディングテーマを歌わせて頂けることになり、すごく嬉しく思っています。
物語の中にいくつも胸に刺さる印象的なセリフがあって、歌詞を書く際の参考にもなりましたし、普段の生活の中でもハッとするような言葉もあったり、このグランベルムでいう「魔法」を、私たちが普段過ごしている生活の中の何か別のものを代入して考えたりもしました。物語と曲がどのように重なっていくか楽しみです。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

アニメ「グランベルム」

2019年7月にMBS、TBS、BS-TBS「アニメイズム」枠にて放送開始予定

スタッフ

原作:ProjectGRANBELM
監督:渡邊政治
シリーズ構成:花田十輝
キャラクター原案:大塚真一郎
プロデュース:infinite
アニメーション制作:Nexus

キャスト

小日向満月:島袋美由利
新月エルネスタ深海:種崎敦美
アンナ・フーゴ:日笠陽子
林寧々:久保ユリカ
ほか

※種崎敦美の崎は立つ崎が正式表記。

(c)ProjectGRANBELM

コミックナタリーをフォロー