コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「転スラ」岡咲美保が2期放送までのPRに意欲「リムルの衣装でがんばります!」

1157

川上泰樹・伏瀬原作によるTVアニメ「転生したらスライムだった件」の第24話先行上映会とキャストトークショーが、去る3月17日に東京・丸の内ピカデリーにて開催された。

シズとディアブロの邂逅を描いた伏瀬書き下ろしのオリジナルストーリーが展開される第24話。トークショーにはリムル役の岡咲美保、シズ役の花守ゆみり、シュナ役の千本木彩花、ミリム役の日高里菜が参加した。岡咲は自身たっての希望で、リムルの特注衣装を着用して登場。「ユニークスキルでリムルに擬態しています」と言う岡咲に、花守はまじまじと見つめながら絶賛の言葉をかけた。

キャストが自己紹介を終えると、ここからはこの日上映された第24話の話題に。司会が観客に感想を聞くと、客席からは拍手が起こる。自身の演じるシズがメインとなった花守は、久しぶりにシズを演じたことで感慨深げな様子。またキャスト陣は、ディアブロの活躍についても盛り上がった。

イベントの中盤で岡咲は第1話のアフレコが印象深いと話し、初主演を務めた心境を吐露する一幕も。また第6話でリムルとカイジンがやりとりするシーンで、カイジンの「お邪魔だったか?」というセリフ以降はアドリブだったことも明かされる。司会に「人生初アドリブですか?」と尋ねられ、岡咲は「初ですよ!」と答えた。

またキャスト陣は「転スラ」の魅力や、改めてTVシリーズを見るときに注目してほしいところを述べていく。さらに本作の主人公・三上悟が「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指していることにちなみ、それぞれ「自分が国を作るとしたら、どんな国にする?」とのお題に悩みながらも楽しそうに回答していった。

終盤、ステージが暗転し、「転生したらスライムだった件」の第2期制作決定が発表される。2020年スタートという情報も告知され、会場からは大きな拍手と歓声が上がる。岡咲は「もう、うれしすぎて! この情報を早く皆さんに言いたくて言いたくて!」と話し、ほかのキャストたちも「めっちゃうれしいね!」と笑顔で顔を見合う。最後に岡咲はファンやスタッフに感謝の言葉を述べながら、「2020年までもっと『転スラ』を広めていけるように、こういう服(リムルの衣装)を着てがんばりたいと思います!」と意気込んだ。

(c)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

コミックナタリーをフォロー