コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

この夫がすごい!動物と話せて心も読める「スピな夫が何言ってるかわからない」

65

えじまりんの単行本「スピな夫が何言ってるかわからない」が、イースト・プレスより刊行された。

「スピな夫が何言ってるかわからない」は著者が、スピリチュアルカウンセラーの夫・スピ夫を題材に描いたエッセイ作品。物語は2人の出会いから始まる。客としてスピ夫のカウンセリングを受けたえじまは、それから彼のことが忘れられず、電話で連絡を取り始める。能力を目当てに近づいてくる人々の多さに疲れていたスピ夫は、彼女の人柄に癒やされ、交際を始めることに。動物と喋れたり、人が他人に知られたくないと思っていることを見抜いてしまったり、便利なようでやっかいごとも多い能力を抱えた夫。そんな彼を面倒だが愛おしくも思う妻の視点から、2人の関係を描く。

コミックナタリーをフォロー