コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ゆうきまさみが京極夏彦「虚実妖怪百物語」をマンガ化、水木しげるも登場

7093

ゆうきまさみが、京極夏彦の小説「虚実妖怪百物語」の冒頭部分をコミカライズした。

これは角川文庫の創刊70周年を記念して行われている、人気作家の最新文庫作品の冒頭を人気マンガ家がコミカライズするコラボ企画の第4弾。「虚実妖怪百物語」は原稿用紙にして1900枚にもおよぶ京極小説史上最長の作品で、水木しげる荒俣宏、綾辻行人といった人物が実名で登場するのも特徴だ。ゆうきがマンガ化した作品の冒頭部分にも、水木の姿が描かれている。

コミックナタリーをフォロー