コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞城王太郎が原作担当する、潔癖少女を描いた百々瀬新の新連載がジャンプ+で

199

「この恋はこれ以上綺麗にならない。」第1話の扉ページ。(c)舞城王太郎・百々瀬新/集英社

「この恋はこれ以上綺麗にならない。」第1話の扉ページ。(c)舞城王太郎・百々瀬新/集英社

「バイオーグ・トリニティ」の舞城王太郎が原作を手がける百々瀬新の新連載「この恋はこれ以上綺麗にならない。」が、本日12月25日に少年ジャンプ+にてスタートした。

「この恋はこれ以上綺麗にならない。」は、手袋なしでは周囲のものに触れることすらできない潔癖症な女子小学生・漆原きねまを描く物語。その潔癖さが悪目立ちし、きねまが同じ学校の女子たちにゴミ屋敷に閉じ込められてしまったことからストーリーが動き出す。本作は第3話まで週刊のペースで更新され、以降は隔週火曜日に最新話が公開されていく。

コミックナタリーをフォロー