ジャンフェスステージで諸星すみれ、内田真礼、伊瀬茉莉也が「約ネバ」をアピール

202

白井カイウ・出水ぽすか原作によるTVアニメ「約束のネバーランド」のステージイベントが、本日12月22日に千葉県・幕張メッセにて開催中の「ジャンプフェスタ2019」のジャンプスーパーステージにて行われた。

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。左からノーマン役の内田真礼、エマ役の諸星すみれ、レイ役の伊瀬茉莉也。

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。左からノーマン役の内田真礼、エマ役の諸星すみれ、レイ役の伊瀬茉莉也。

大きなサイズで見る(全28件)

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。[拡大]

イベントにはエマ役の諸星すみれ、ノーマン役の内田真礼、レイ役の伊瀬茉莉也が登壇。まずは「約束のネバーランド」をアピールすべく、3人の作品に対する印象について語られた。女の子が主人公だったことに驚いたという諸星は、ジャンプらしくない異質な部分と、仲間と協力して戦う王道な部分がうまく組み合わさった作品とコメント。また内田は絵の美しさを絶賛し、深夜に読み始めて気付いたら朝方になっていたと明かした。同じく一気読みしたという伊瀬は、超能力といった特殊な力ではなく、知能と戦略で戦っていく面白さが魅力と語った。

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。[拡大]

また自身が演じるキャラクターの好きなシーンについてもトークを展開する。内田はノーマンがエマを「好きだから」と言うシーンを挙げ、伊瀬はエマから「逃げるよレイ」と言われたときのレイの素が見えた瞬間がよかったと述べる。そして諸星は子供たちの中に内通者がいるのではと疑問を向けるノーマンに対し、迷うことなく「連れて行く」と断言するエマのシーンをチョイス。エマのぶれない決意や強い心、みんなを引っ張っていくプラスのパワーを感じ感動したと話した。さらに白井と出水に対する質問コーナーでは「描いていて一番楽しい瞬間はどんな時ですか?」「主人公を女の子にした理由は?」といった疑問に対する、2人の真摯で丁寧な回答がモニターを使って紹介された。

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。

「約束のネバーランド」のステージイベントの様子。[拡大]

イベントの終盤では「約束のネバーランド」の最新PVを公開。さらに第1話の冒頭映像が特別公開され、初めてアニメ本編を観る観客たちは固唾を呑んで画面に集中していた。そして単行本の告知や、ジャンプ+で連載されるスピンオフ、「リアル脱出ゲーム」とのコラボイベントなど、さまざまな情報が伝えられたのち、白井からのメッセージと出水のイラストがモニターに映し出されイベントが締めくくられた。TVアニメ「約束のネバーランド」は2019年1月10日よりフジテレビ「ノイタミナ」枠ほかにて放送開始される。

この記事の画像(全28件)

アニメ「約束のネバーランド」

放送・配信情報

2019年1月10日(木)よりフジテレビ「ノイタミナ」枠ほかにて放送開始
2019年1月よりAmazon Prime Videoにて見放題独占配信

スタッフ

原作:白井カイウ・出水ぽすか(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:神戸守
シリーズ構成、脚本:大野敏哉
キャラクターデザイン、総作画監督:嶋田和晃
音楽:小畑貴裕
音響監督:清水勝則
アニメーション制作:CloverWorks

キャスト

エマ:諸星すみれ
ノーマン:内田真礼
レイ:伊瀬茉莉也
イザベラ:甲斐田裕子
クローネ:藤田奈央
ドン:植木慎英
ギルダ:Lynn
フィル:河野ひより
ナット:石上静香
アンナ:茅野愛衣
トーマ:日野まり
ラニオン:森優子
コニー:小澤亜李

全文を表示

関連記事

出水ぽすかのほかの記事

リンク

関連商品

(c)白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会