コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

声優の生田善子原作、目立ちたくない少女の高校演劇物語「暗転エピローグ」1巻

108

パインが電撃マオウ(KADOKAWA)で連載する「暗転エピローグ」1巻が、本日11月27日に発売された。同作の原作は声優の生田善子、キャラクターデザインはTivが務めている。

「暗転エピローグ」は、高校演劇を題材にした青春ストーリー。主人公の女子高生・樋口一華は内気な性格だが、実はマンガのセリフを役になりきって音読するのが好きという趣味を持っていた。学校の屋上でノリノリで音読をしていた一華は、その姿を見られたことをきっかけに演劇部にスカウトされる。目立つことを嫌う彼女は誘いを拒否するが、舞台の上でキラキラと輝く役者たちの姿を忘れられず、演劇の世界に足を踏み出す。

コミックナタリーをフォロー