コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「青春ブタ野郎」瀬戸麻沙美・久保ユリカ・内田真礼が透明人間になったら

51

去る10月7日に開催された「電撃文庫25周年記念 秋の電撃祭」にて、TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」のステージイベントが行われた。

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」は、「さくら荘のペットな彼女」でタッグを組んだ鴨志田一と溝口ケージによる電撃文庫の思春期ファンタジー小説が原作。イベントには桜島麻衣役の瀬戸麻沙美、梓川かえで役の久保ユリカが登壇した。

このたびのステージイベントは現在配信中のWebラジオ番組「青春ブタ野郎はバニーガール先輩とおるすばん妹のラジオを聴きたい」の出張版として実施。瀬戸と久保によるタイトルコールが会場に響く中、イベントはスタートし、本ラジオの初ゲストとして豊浜のどか役の内田真礼が呼び込まれる。内田は、自身の演じるのどかが、アニメにまだ登場していないことに触れ、物語後半での活躍に期待してほしいと紹介していた。

第1話の感想を3人が話す場面では、麻衣役の瀬戸が、主人公・梓川咲太と麻衣について「阿吽の呼吸」「運命の出会い」と表現。それに合わせて、前方のスクリーンに第1話から上半身裸の咲太の場面カットが映し出されると、そのチョイスに会場からは笑いが起きた。さらに元芸能人の麻衣が“思春期症候群”のせいで姿を認識されなくなってしまうことから、同じく芸能界に身を置く3人が、もし同じく透明人間のようになったらどうするかという話題で盛り上がる。

続いてラジオ内で行われているコーナー「お留守番中の暇つぶし」では、リスナーから実際に届いた暇つぶし方法を3人が実践。それぞれが提示されたお題の単語を入れて文章を作り、その後にそのお題の単語を別の単語に置き換えるという暇つぶしに、3人は最初、面白くなるのか懐疑的様子を見せる。しかし「キス」を「土下座」、「時間」を「プレイ時間」、「お金」を「ハンバーグ」に入れ替えた文章が披露されるたびに名言が生まれ、会場もキャストの3人も笑いに包まれた。

最後の挨拶では、久保がアニメと原作を合わせて楽しんでほしいとアピール。Webラジオの本放送にも感想のメールを催促し3人はステージを後にした。

なおコミックナタリーでは、アニメの放送開始に合わせ、天津の向清太朗とえなこを起用した特集を展開中。第1話の冒頭シーンをイメージしたフォトギャラリーを掲載しているほか、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の第1話を視聴した向とえなこにアニメの魅力からお気に入りになったキャラクター、自身の青春時代のちょっぴりイタいエピソードまでを語ってもらった。

コミックナタリーをフォロー