アニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」 PR

アニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」特集 天津・向清太朗×えなこ対談|青春ブタ野郎(?)・向がバニーガール姿のえなこと、主人公&ヒロインの出会いを再現

TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」は、思春期症候群と呼ばれる不思議な現象に悩まされる少年少女を描く青春ドラマ。「さくら荘のペットな彼女」の鴨志田一によるエンタメノベルを原作としており、この10月にアニメの放送がスタートした。

コミックナタリーはアニメの放送開始に合わせ、天津の向清太朗とえなこを起用した特集を展開。主人公の梓川咲太がバニーガールの衣装を着たヒロイン・桜島麻衣と図書館で出会う第1話の冒頭シーンにちなみ、図書館風のロケーションで2人の初対面シーンをイメージしたカットを撮影した。また撮影後にはアニメの第1話を視聴した向とえなこの対談を実施。アニメの魅力からお気に入りになったキャラクター、自身の青春時代のちょっぴりイタいエピソードまでを語ってもらった。

取材・文 / 武井風太 撮影 / 山本哲也

KEYWORD 思春期症候群

不安定な精神状態によって引き起こされるとネットで噂される不思議現象。発症すると、「他人の心の声が聞こえる」「未来が見える」「人格が入れ替わる」などにわかには信じがたい事象を引き起こす。

CHARACTER キャラクター紹介

梓川咲太(CV:石川界人)
梓川咲太(CV:石川界人)
本作の主人公で少し変わり者の高校2年生。過去に暴力事件を起こしたという噂が広まり、学校では孤立している。
桜島麻衣(CV:瀬戸麻沙美)
桜島麻衣(CV:瀬戸麻沙美)
咲太と同じ学校に通う3年生で、活動休止中の国民的人気タレント。周りの人間から存在を認知されなくなるという思春期症候群を発症し、その検証のためにバニーガールの衣装を着て歩き回るようになる。

天津・向清太朗×えなこ対談

撮影中はえなこさんを見たくて仕方なかった

──フォトギャラリーの撮影、お疲れ様でした。まずは撮影の感想からお願いできますか?

左からえなこ、向清太朗。

向清太朗 バニーガールが近くにいると、こんなに見てしまうもんなんだなと思いました(笑)。「そこは(自分の)視線いらないです」とカメラマンさんが思うであろうときも、見たくて仕方なかったです。そう考えると「青ブタ」で(桜島)麻衣さんがやっていた「注目を惹くためにバニーガール姿になる」のは正解だったということですね。もちろん、えなこさんの扮装が素晴らしかったから、ということもあるんですけど。

えなこ (笑)。ありがとうございます。私は図書館風のシチュエーションでコスプレをするという経験がなかったので、今日の撮影にはちょっと戸惑いました。さらにバニーガールというお話だったので、ロケーションと衣装が不釣り合いすぎて、本当にこの格好でいいんだろうかって。でもやってみたら、すごく新鮮でしたし、楽しかったです。

──そんな奇妙なシチュエーションが登場する「青ブタ」ですが、それぞれ第1話をご覧いただいて、第一印象はいかがでしたか。

主人公の咲太は、バニーガール衣装を着た麻衣と図書館で出会う。

 まずタイトルが強烈ですよね。「ブタ野郎」に「バニーガール」と、強い言葉がタイトルに2つも入っている。僕はライトノベルも書いたりしているのですが、「勉強になるなあ」と思いました。それにやっぱり、バニーガールが出てくるという、とんでもないギャップからのスタートが素晴らしいと思います。ここで完全に心を惹きつけられましたね。2・3話がとにかく観たいなと思える作りでした。

えなこ タイトルから想像していたものより設定が作り込まれていて、情報量が豊富でとても見応えがありましたね。最初私は「バニーガールのコスプレをするのが趣味の先輩が死んじゃって、主人公にしか見えません」みたいな作品だと思い込んでいて。でも、そんなどこかで聞いたことがあるような設定じゃなかったなと。

 確かに。第1話なのに、たくさんの情報とそれに付随する謎が詰まっていました。まず、思春期症候群というのが謎なんですよ。それと、第1話冒頭に出てくるノートと、そこに書かれた言葉。バニーガールと出会ったことが日記に書かれているのですが、どういう意図でそれを書いたのか、ということも謎でしたし。