コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

みんなでメッハー!「ツルネ」特別編上映、上村祐翔らキャラの印象や意気込み語る

283

TVアニメ「ツルネ ―風舞高校弓道部―」のイベント「出演者舞台挨拶&特別編上映 “矢渡しの儀”」が、去る10月6日に東京・丸の内ピカデリーにて開催。鳴宮湊役の上村祐翔、竹早静弥役の市川蒼、山之内遼平役の鈴木崚汰、如月七緒役の矢野奨吾が登壇した。

「ツルネ ―風舞高校弓道部―」は綾野ことこの同名小説を原作に、京都アニメーションが制作を務めるアニメ。一度は弓道を辞めた主人公の鳴宮湊が、弓道を通して仲間との絆を深めていく青春ストーリーが描かれる。イベントでは第1・2話を特別編集した映像が上映された後、出演者たちが登場。最初の挨拶では、矢野が「メッハー!」と自身が演じる七緒の挨拶をポーズ付きで決めると、キャスト、観客も同じように「メッハー!」と挨拶を交わした。

同作の映像について興奮した様子を見せたキャスト陣は、それぞれ自身が演じるキャラクターを紹介。上村は湊について「おでこがチャーミング」と触れ、市川は「静弥は柔らかい印象があるキャラクターですが、湊に関しては一直線」、鈴木は「遼平は明るくて太陽のようなキャラクター。人懐っこくて犬みたい」、矢野は「七緒は軽い男に見えますが、物事をすごく冷静に見ている」と各々がキャラクターの印象を語っていく。

また風舞高校弓道部のもう1人のメンバーである、小野木海斗役の石川界人からのビデオメッセージも上映。石川について、登壇者4人は「アフレコ現場で僕たちを引っ張っていってくれる存在」と話し、アフレコ現場の様子や雰囲気についても明かした。またサプライズで山村卓也監督からの手紙が司会により代読された。

イベントの後半、肩を組みながら「メッハー!」のポーズを決めて写真撮影を終えた4人は、最後の挨拶へ。上村は「本当に楽しい現場の作品です。青春ものということもあって、1人ひとりの持っている体温、空気感がすごく大切に感じられる現場になっています」と述べながら、「これから放送がスタートしますが、皆さんに応援していただいて、そのパワーを受け取って、それをまた皆さんに返せるように全力でがんばっていきます」と観客へ意気込みを語った。

TVアニメ「ツルネ ―風舞高校弓道部―」は、NHK総合テレビにて10月21日24時10分より放送開始予定。関西地方では同日24時50分から放送が予定されている。なお舞台挨拶に先駆けて公開された最新PVでは、キャラクターの声が初公開されており、ラックライフによるオープニング主題歌「Naru」も聴くことができる。

テレビアニメ「ツルネ ―風舞高校弓道部―」

2018年10月21日(日)24時10分よりNHK総合テレビで放送開始予定(関西地方では同日24時50分から放送開始予定)

スタッフ

原作:「ツルネ ―風舞高校弓道部―」綾野ことこ(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
原作イラスト:森本ちなつ
監督:山村卓也
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:門脇未来
音楽:富貴晴美
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:京都アニメーション

キャスト

鳴宮湊:上村祐翔
竹早静弥:市川蒼
山之内遼平:鈴木崚汰
如月七緒:矢野奨吾
小野木海斗:石川界人
滝川雅貴:浅沼晋太郎
藤原愁:小野賢章

(c)綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

コミックナタリーをフォロー