コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「恋する寄生虫」コミカライズがエースで開始、潔癖症男とワケあり少女の恋物語

781

「恋する寄生虫」第1話より。

「恋する寄生虫」第1話より。

三秋縋の小説「恋する寄生虫」をホタテユウキがコミカライズ。本日7月26日発売の月刊少年エース9月号(KADOKAWA)にて連載スタートした。

「恋する寄生虫」は潔癖症の無職男性・高坂賢吾のもとに、彼の秘密を知っているという男性・和泉がやってきたことから始まる恋物語。和泉は彼に「ある子供の面倒を見てもらいたい」という不思議な依頼をする。潔癖症で人に触れることのできない高坂は難色を示すが、和泉に弱みを握られていることから仕方なく件の子供が待つという公園に出向き、そこでワケありの少女・佐薙ひじりに出会う。

なおエース9月号の表紙には、単行本8巻が本日発売の黒神遊夜原作・神崎かるな作画「武装少女マキャヴェリズム」が登場。付録には、同作の抱きまくら風両面ポスターが収められている。

コミックナタリーをフォロー