25歳の奥手な男性が初恋の相手と再会、スガワラエスコの新連載がYJで

195

本日7月12日に発売された週刊ヤングジャンプ32号(集英社)にて、「マドンナはガラスケースの中」のスガワラエスコによる新連載「花待ついばら めぐる春」がスタートした。

「花待ついばら めぐる春」第1話の見開き扉ページ。

「花待ついばら めぐる春」第1話の見開き扉ページ。

大きなサイズで見る(全2件)

「花待ついばら めぐる春」は、中学時代の恋にトラウマを持っている25歳の男性生物教師・大草拓馬を主人公に描くラブストーリー。大きなトラブルを起こすことなく順風満帆な日々を送っている拓馬だったが、恋愛に対しては奥手で、25歳になった今でも女性と対面すると「この人の初めての男はどんな人だろう」と妄想してしまう癖を持っていた。そんなある日、彼にトラウマを植え付けた初恋の相手・姫川いばらが、中学時代の同窓会に参加すると知ったことから物語は動き出す。

この記事の画像(全2件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。