ヨーロッパ小国の青年貴族、ある決まりごとに頭を悩ますウィングス新連載

162

本日6月28日に発売されたウィングス8月号(新書館)にて、松尾マアタの新連載「リラと花虻、嵐の中。」がスタートした。

松尾マアタ「リラと花虻、嵐の中。」の扉ページ。

松尾マアタ「リラと花虻、嵐の中。」の扉ページ。

大きなサイズで見る(全4件)

本作はヨーロッパのとある小国で、今日こそ彼女にプロポーズしようとしていた青年貴族が、話を切り出す前にふられてしまうことから始まる。ショックで頭を悩ませてしまう青年だったが、それには国が定めた理不尽な法律が深く関わっており……。本誌初登場の松尾が織りなすミステリアスなストーリーに注目だ。

なお8月28日に刊行されるウィングス10月号では、ミキマキ「少年よ耽美を描け」が通算100回目にして完結。鈴木有布子「ツールボックス・コンプレックス」も最終回を迎える。

この記事の画像(全4件)

関連記事

ミキマキのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ミキマキ / 鈴木有布子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。